ワイン用語集セパージュ

グルナッシュとは|品種の特徴と生産地域


グルナッシュ(GRENACHE)は、世界中で広く栽培されている黒ブドウ品種です。

スペインのアラゴン州が原産とされており、ピレネー山脈を越えて南フランスに持ち込まれ、そして世界的に広く栽培されています。

グルナッシュは高温と乾燥に強く、地中海性気候に適しています。

逆に石灰質土壌にはあまり適しておらず、砂利や小石の混じった土壌に向いており、カビなどの病害に弱いため風が吹き抜ける気候が適しています。

樹勢が強いため、環境が適しているとどんどん果実を実らせることができます。

そのため高品質なワインを作るためには、しっかりと収量を制限する必要があります(キャノピーマネジメント)。

グルナッシュは変種の多い品種で、グルナッシュ ブランやグルナッシュ グリもあります。

グルナッシュのシノニムはこちらをご参考ください。

 ワインの教科書
https://wine-kyokasyo.com/synonym-grenache
グルナッシュは南フランスで知られていますがスペインでも成功した品種です。色素が濃く、黒みがかったスパイシーなワインに仕上がります。あまり知られていませんがイタリアのサルデーニャ島でも栽培され、カンノーナウというシノニムで存在感を発揮しています。&nb...

グルナッシュ

特徴

グルナッシュはとても糖度が上がりやすい品種で、アルコール度数は高く仕上がります。

グルナッシュから作られたワインは、比較的色が濃く暗い色合いをしています。

香りはカシス リキュール、プルーン、ドライ イチジクなどの香り特徴的です。

味わいは酸味が穏やかで、しっかりとした果実味がありふくよかなボディを持つタイプが多いです。

タンニンは突出しておらず、豊かな果実味を感じるソフトな味わいとなっています。

 

主な生産地域

南フランス、特に南ローヌやラングドック地方では主要な黒ブドウ品種です。

シラーなどスパイシーなブドウとブレンドされることが多く、単一品種ではあまり生産されていません。

しかしシャトーヌフ デュ パプでは、グルナッシュ単一から素晴らしいワインを生産している生産者もいます。

グルナッシュは酒精強化ワインでも使用されており、ヴァニュルスでは甘口ワインの原料として使用されています。

グルナッシュはスペインではガルナッチャとして、広く栽培されています。

テンプラニーニョとブレンドされることもありますが、単一では生産されることもあります。

その他の地域では、イタリアのサルディーニャ、オーストラリア、カリフォルニアなどでも栽培されています。

イタリアのサルデーニャでは、カンノーナウという名前で長期熟成向けのワインが評判を得ています。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。