世界の一流レストラン

ギーサヴォア|フランス パリ

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ギー サヴォア(GUY SAVOY)は、フランスのパリにあるミシュラン3つ星を獲得しているフレンチ レストランです。

シェフは名店トロワグロで修業をしたギー サヴォア氏です。

1987年に二つ星を獲得したのち、最も三ツ星に近い二つ星ということで三ツ星が期待されていました。

三ツ星への昇格は15年後の2002年。ずいぶん待たされたことでしょう。

 

その後3つ星を獲得してからその座を守っており、世界中のセレブから愛され続けています。

三ツ星の中でも客層が華やかなことで有名で、毎日必ずどこかの席で各国の政治経済、スポーツ、芸能のトップが食事をするほどです。

 

このお店は日本からの研修生を含むスタッフをおおく受け入れていることでも知られていて、優秀なシェフやソムリエを輩出しています。

価格を落としたビストロ(いわゆるセカンド店)の経営でも成功し、それらのお店も大変な人気店です。

 

 

レストラン ギーサヴォア

パリの超人気店

ギー サヴォアは、パリの17区の中で、何度か移転をしていますが、現在はセーヌ川沿いのフランス国立造幣局 モネ ド パリの中にあります。

営業時間はランチが12:30~14:00、ディナーが19:00~22:30です。

土曜日は夜のみの営業で、日曜日と月曜日は店休日です。

席数は60席です。席はいくつもの部屋に分かれており、空間を贅沢に使った雰囲気です。

 

お料理は現代フランス料理で、独創的な視点から味覚だけでなく視覚でも魅了しています。

アーティチョークと黒トリュフを使ったスープが定番で、人気があります。

また、多くの種類のパンやチーズを載せたワゴンサービスは、お客様から好評なパフォーマンスです。

メニューは英語のものがあるだけでなく、中国語やロシア語、日本語にも対応したものがあります。

 

行き方と価格


パリ地下鉄の7号線、ポンヌフ駅から徒歩で約6分。または地下鉄サンジェルマン デ プレ駅から徒歩約10分。

地下鉄から少しうす暗い通りを歩くので夜は用心をされるようお願いします。

 

ランチコースは250ユーロ、シャンパーニュ・ワイン付きは320ユーロです。

ディナーコースは445ユーロのものがあります。アラカルトのご用意もあり、お食事は夜で300ユーロ程、飲み物を含めると600ユーロ程が単価として考えられます。

三ツ星レストランだけあって、ワインの種類も豊富に用意してあります。

 

レストランはチーム力

魅力的なお料理はもちろんのこと、洗練されたサービスも高く評価されています。

サービスマンの自然で笑顔な接客姿勢は、3つ星レストランで緊張しているゲストを和ませ、素敵な食事の時間を演出しています。

シェフのギーサヴォア氏は大のラグビーファンで、自身も休日にレストランのスタッフを連れて楽しむほど。

そこで培ったのはレストランもラグビーも共にチーム力なんだということ。

料理とともにサービスも含めてチームで取り組んでいるのです。

 

ディナータイムは、コースだと4時間ぐらいかかる方が多いです。

それぐらい時間がかかかることを意識して、予約時間を決めたほうがよいでしょう。

 

【当サイトからのお願い】

当サイト”ワインの教科書”では、世界の一流レストランをご紹介しています。

できる限り情報は最新・正確のものであるように心がけていますが、時の流れにすべての情報を合わせることはできず、完ぺきではありません。

そのため最終的にはユーザーの皆様でご確認の上、ご利用くださいますようお願いします。

また、レストランの場所によっては治安の悪いところもあり、高級レストランに通うお客を狙った犯罪もあるのが現状です。

そのような場所に高価な服やバッグ、多額の現金等を持ち合わせることは、危険を伴います。

ユーザー様にはこのようなご忠告もあるのだとご理解の上、ぜひ世界の素晴らしいレストランとワインをお楽しみくださいますようお願いいたします。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→