フランス地方料理

エルブドプロヴァンスとは?特徴と材料、合わせるワイン

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

エルブドプロヴァンス(HERBE DE PROVENCE)はフランス語でプロヴァンスのハーブという意味です。

その名前の通り、ローズマリーやバジル、タイムやセージやフヌイユ(ウイキョウ)などのハーブの総称を指します。

 

煮込み料理やロースト料理などに幅広く用いられて、スーパーでは乾燥ハーブも売っています。

 

料理というよりは香辛料なので、合わせるワインは割愛します。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→