ワイン用語集フランスワインブルゴーニュ地方

オスピスドボーヌとは?慈善病院とワインの関係と歴史

オスピスドボーヌ(HOSPICES DE BEAUNE)は、もともと1443年にブルゴーニュ公国の財務長官であったニコラロランが、その妻のギゴーヌドサランからの要請で建てた慈善病院のことを指します。

現在はボーヌの街のシンボルとして医療機関としての機能はありませんが、設立当時は貧しい人に医療サービスを提供する慈善医院の形をとっていました。

もっとも、慈善医院とはいえ、医者への給料や建物の維持費などの費用はかかりますので、オスピスの運営資金をどこかで賄わなければなりません。

その運営資金を賄うために、ニコラロランとギゴーヌドサランの夫妻は自身の所有するブドウ畑を寄進します。

これがいい話だと噂になり、見習った所有者のブドウ畑の寄進が続き、そこから造られたワインを競売する形で資金調達をしたのです。

 

もっとも、ニコラロランはその地位を利用して私腹を肥やした悪代官ぶりは有名で、手放しで美談とするのはニコラロランの思うつぼです。

つまり彼は自らの行った富を得る代わりに犠牲を生んだ過去を浄化したいとの思いで慈善医院を開設するのです。

当時から悪評の多かった彼は、ルイ11世から

「あれほど多くの人を貧乏にさせて搾り取っておきながら、彼からすればわずかばかりのお金で心の平和をいただこうとは、あつかましい」

といわれるほどでした。同業の貴族から言われるのですから相当なものだったのでしょう。

オスピスドボーヌを飲むときの一つの酒のつまみにどうぞ。

 

オスピスドボーヌ

11月第3日曜日の競売イベント

オスピスドボーヌのブドウ畑は約60ha ほどあり、毎年の11月第3日曜日にオスピス前の公会堂でオークションは行われます。

 

ボーヌの街にとってはオスピスドボーヌの競売は一年で一番の繁忙期となり、世界各国からワインのバイヤーやネゴシアンがあつまり、お祭り騒ぎとなります。

飲食店や小売業者にすれば、クリスマスさながらの好景気に沸くことになります。

そしてこの競売価格はその年のブルゴーニュの価格の基準となるとされ、ワイン業界にとっても注目のイベントなのです。

 

オスピスドボーヌのコストパフォーマンス

これは半分悪口になってしまうので私自身のいち意見だと思ってとらえていただきたいのですが、オスピスドボーヌのワインは品質に比べて価格が高く、本当にワインの味がわかる人にはお勧めしづらい印象があるのは否めません。

その理由は、競売イベントは11月の第三日曜日で、これに合わせてワインを仕上げなくてはならないということです。

そうなるとアルコール発酵マロラクティック発酵を終わらせ、競売イベントまでに樽で出荷できるように仕上げるためどうしても無理があることがあるのです。

 

また、競売で競り落とされたワインは樽で落札人に所有権が渡りますが、通常落札人は樽のワインを瓶詰めすることができませんので、それをネゴシアンに引き渡して熟成をさせ瓶詰めをすることになります。

そうなるとネゴシアンのうまいへたが出てしまい、これがユーザーにとってはわかりにくく、要するにばらつきがあるのです。

 

高価なコマーシャルワイン?

もちろん優れたネゴシアンが責任をもって仕上げたオスピスドボーヌは素晴らしい品質のものもあります。

中には20年たっても品質に衰えを見せないほどの仕上がりのワインもあります。

しかしイベントの人気化とオスピスドボーヌの言葉の独り歩きのため、ワインの価格はどうしても品質と見合わないこともあるように思います。

 

オスピスドボーヌを楽しむときは、私のようなケチをつける人とは飲まず、珍しいものを一度は飲んでみようというおおらかな好奇心で楽しむべきでしょう。

そうでない場合は、しっかりとワインを選んで購入するのが無難かもしれません。