ワイン用語集

ステンレスタンク(イノックス)での発酵・熟成とは?

ステンレスタンク(欧州ではイノックスと呼びます)での熟成は、オーク材を原料とする樽(特に新樽)に比べて様々なメリットとデメリットがあります。

 

ステンレスタンクの特徴はその気密性と温度管理の容易さでしょう。

そのため、ワインは空気(特に酸素)と触れることなく穏やかに熟成が進み、結果としてクリアーでブドウ本来の風味の感じやすいワインになります。

また、温度管理が容易なので、発酵・熟成するにあたって温度が高すぎれば下げればいいし、逆もしかりです。

また、ワイナリーにすれば一度設備投資をすれば極端な品質変化がなく、自然物質である樽のように年々劣化するということもありません。

 

ただし、最初の初期投資は樽以上にかかりますので、家族経営の小さなワイナリーでは開放樽で発酵させ、古樽を用いることも少なくありません。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。