ワイン用語集フランスワインブルゴーニュ地方

イランシー ワインとは?特徴とブドウ品種、合わせる料理

イランシー(IRANCY)は、もとはレジョナルAOCで「ブルゴーニュ・イランシー」という名前でしたが、1999年に村名AOCに昇格しました。

昔から高い評価を受けているワインですが、生産量はイランシー全体で6600ヘクトリットルと多くはありませんので日本にはほとんど輸入されません。

シャブリ地区にあって、この地域のぶどうはほぼ白品種なのですが、それでも地元の要望で赤ワインの需要はあって、それにこたえて造っていたワインです。

 

シャブリと同様に石灰岩質土壌ですが、赤ワインの生産地域としてはシャンパーニュ地方のコトーシャンプノワと同様に北限に近く、そのため明るめの色調です。

色づきでは日照量の豊富なエリアにはかないませんが、透き通った美しい色調と端麗な酸味、キイチゴやグリオットのようなフレッシュな香りは他に類を見ない品質です。

 

日本ではほとんど見かけることはありませんが、以下の生産者は大変に高品質なワインを生産しています。

ワインショップなどで見かけた際はぜひ お試しください。

ランパール (Domaine des Remparts à Saint-Bris-le-Vineux)

リシュー (Domaine Richoux)

ヴェレ (Domaine Verret)

シャリア (Domaine Charriat)

グランロッシュ (Domaine Grand Roche à Saint-Bris-le-Vineux)

イランシー

ワインの全体像

ブルゴーニュ地方のグラン・オーセロワ地区で生産され、赤ワインのみが村名AOCに認定されています。

生産されている村は、

イランシー村(250ha)

クラヴァン村(45ha)

ヴァンスロット村(20ha)

の3つの村です。

AOCの名前のとおり、イランシー村がほとんどの生産量となっています。

 

ヨンヌ県では白ワインが主体に生産されているので、赤ワインが生産されているのは珍しいです。

ブドウ品種は、ピノノワールが主体となっており、地元の固有品種であるセザールとを10%まで混ぜることが認められています。

ブドウ畑は、渓谷の中空に位置しているので斜面になっており、日照りがいいのでブドウが熟して美味しいワイン用のブドウに育ちます。

 

ワインの味わい

ブルゴーニュ地方のワインにしては比較的軽い味わいとなり、ロゼワインのような色の淡さが特徴的です。

しかし実際に味わうとタンニンは豊かに感じられ、酸が優しく広がるような上品な味わいです。

赤系のベリーのアロマが熟成させることで、スミレやトリュフの香りに変わります。

 

ピノノワールのみで作られたものとセザールを混ぜたものではニュアンスが異なり、フルーティーさが増して花や甘草のようなアロマが加わります。

セザールは黒ブドウピノノワールよりも色素が多いため、色も濃くなり、ガーネット色を帯びるようになります。

 

瓶に詰められてから3.4年で飲まれる早飲みワインですが、良年のものはそれ以上の熟成に耐えます。

 

楽しみ方のコツ

おすすめのサービス温度は15~18度で、控えめではありますが上質なタンニンが肉料理との相性が良くなっています。

地元では日常的に飲まれるワインなので、かしこまらずにいただけるスペアリブやバーベキューの肉などの肉料理とのマリアージュも素晴らしいです。

スパイスの印象がありますので、子羊肉のグリルでもいいでしょう。

 

ピノノワール100%のイランシーと、セザールの混ざったイランシーを飲み比べると色や味の違いを楽しめます。

生産数が少ないので日本ではあまり見かけることがありませんが、地元はもちろんですがシャブリの人々に愛されているワインです。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。