フランス地方料理

ジャンボンペルシエとは?特徴と合わせるワイン

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ジャンボンペルシエ(JAMBON PERSILLE)は、フランス ブルゴーニュ地方の郷土料理です。

ジャンボンはもも肉のことです。

塩漬けにした豚もも肉をゆでて、ハム状にします。

そこに香味野菜や子牛のすね肉を加えて煮込むと、肉から出たゼラチン質で覚ますと固まるのです。

これに大量のパセリのみじん切りを加えてテリーヌ型に詰めて切り分けたものがジャンボンペルシエです。

 

 

日本ではフレンチレストランなどで前菜として出されることもありますが、もともとは家庭料理なので、高級ワインは合いません。

そのため同じブルゴーニュであれば村名クラスやACブルゴーニュの軽めのワインがいいでしょう。

白であればブルゴーニュ南部のマコンのワインや、赤であればボジョレーが最適です。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→