ワイン用語集セパージュ

甲州とは?品種の特徴と生産地域

甲州(KOSHU)は、日本固有の白ブドウ品種です。

甲州は、ワイン造りに適しているヨーロッパ系のヴィティス ヴィニフェラと、中国のヴィティス ダヴィーディの交配品種がさらにヴィティス ヴィニフェラと交配した品種とされています。

 

甲州は紫がかったピンク色の厚い果皮を持ち、樹勢が強く病気にも強い特性を持っています。

病気に強いため、湿度の高い日本でもカビなどの病害に対抗して栽培することができます。

甲州は糖度が上がりづらく、比較的ニュートラルな酒質を持ちます。

以前はほんのり甘みを感じられる白ワインが大半でしたが、現在は半甘口~辛口まで様々なタイプが生産されています。

 

 

甲州

品種の特徴

日本では明治時代に山田宥教と宅間憲久が清酒の技術を利用したワイン造りに、甲州を使用したことが甲州でのワイン造りの始まりとされています。

それ以降甲州によるワイン造りが広まっていきました。

戦後にカベルネ ソーヴィニヨンなどの国際品種の導入が促進されたことにより、甲州の栽培面積は減少しましたが、日本の品種として需要視している生産者は多く、ワイン造りに利用し続けています。

そして2010年にはワイン用ブドウとしてOIVに登録され、日本を代表するワイン用ブドウ品種として世界に認められました。

これ以降「Koshu」とラベルに表記をして輸出することが可能になり、世界的に知名度が上がってきているブドウ品種です。

 

甲州から作られたワインの外観は色づきが少なく、透明に近い色合いを持っています。

香りは白桃やハーブ、そして柚子などの和の柑橘のニュアンスが感じられます。

味わいは軽やかで全体的に穏やかな印象を持ち、余韻にかすかな苦みを伴うものが多いです。

穏やかな酒質となる場合が多いため、厚みを出す目的でシュール リーや樽熟成を採用する生産者もいます。

 

主な生産地域

甲州は日本固有の白ブドウ品種であり、主に山梨県で栽培されています。その他には山形県や大阪府で栽培されています。

日本ではワイン用としてだけでなく、生食用としても流通しています。

山梨県の勝沼では、棚仕立てで生食用のブドウ狩りにも用いられていて、観光客を楽しませています。

海外ではドイツラインガウで栽培されており、世界的に注目を集めています。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。