ワイン用語集フランスワインシャンパーニュの生産者シャンパーニュ地方生産者

クリュッグ シャンパーニュとは?特徴と歴史、基礎知識

クリュッグ(KRUG)はランスに本拠地を構える、6世代続く小規模な家族的メゾンです。

家族経営とはいってもそのブランド力はすさまじく、あらゆるシャンパーニュメゾンの中でももっともあこがれをもって受け入れられているメゾンの一つでしょう。

私がソムリエになりたての時、お客様が持ち込まれたクリュッグを抜栓するときの緊張は、今でも覚えています。

シャンパーニュの中で極めつけの一本を選んでほしいといわれれば、今でもクリュッグをお勧めします。

 

クリュッグがクリュッグたるゆえんは、徹底した職人気質でしょう。

伝統をまもり、いまでも平均して35年という古樽を発酵槽に使い、低温かつ長期に発酵させ、発酵が終わると厳密にチェックします。

ここで出来が悪いものは省いてしまうのですが、これは簡単にできることではありません。

そして極めつけはそのマーケットコントロールです。

年間売り上げは50万本ですが、なんと6年分にあたる300万本をストックにしていて、不作の年に備えるという徹底ぶりなのです。

 

現在の当主はオリヴィエ クリュッグ氏です。

スタンダードはクリュッグ グラン キュヴェ。

収穫したブドウを異なる樽で発酵させ、アッサンブラージュ(ブレンド)されます。

アッサンブラージュには10~15年に渡るリザーヴワインが使用され、またブレンドされるワインは150~200種類にのぼります。

6年の瓶内熟成を経た豪華なスタイルが特徴です。

 

クリュッグは大手メーカーに比べると生産本数が少ないため日本では一般的にはあまり知られていません。
 
しかし熱狂的なクリュッグファンは多く、ミステリー文学のなかでも高級シャンパーニュとして出てくるのはたいていドンペリかクリュッグです。
 
ドンペリがマーケットの支配者だとすれば、クリュッグはドンペリを卒業した人があこがれるシャンパーニュなのです。
 
あなたがソムリエだとすれば、ドンペリとクリュッグが並んだときに迷わずクリュッグを選ぶ人を上質なお客だと判断するでしょう。
 
クリュッグは芳醇、華麗、洗練、そして優美・・・つまり知的美なのです。
 
長い人生にクリュッグとドンペリで悩むときがあるかもしれません。
 
その時に思い出してみてください。

 

クリュッグ

最強ブランド クリュッグ

クリュッグの最高峰としては、長い熟成を経てリリースされるクリュッグ コレクションや、シャルドネのみを使用した1.84haの単一畑、クロ ド メニルが最高評価を得ています。

またクロドメニルの3分の1ほどの大きさしかないクロ ダンボネからはピノ ノワールのみを使用したブランドノワールのプレミアム シャンパーニュもリリースしています。

 

クリュッグではすべてのワインで、一次発酵の際、フレンチオークの小樽を使用し、伝統的な製法を守っています。

天候に左右されがちなシャンパーニュを安定させるため、多くのリザーヴワインを保管して、品質の安定に努めています。

 

ワイナリーの歴史

創業者であるヨーゼフ クリュッグ氏はクリュッグの発音からもわかる通りドイツ出身で、貿易業者としてフランスで働いていました。

シャンパーニュへと興味を持ちはじめ、34歳の時に有名メゾンであるジャクソンで修業します。

そして独立への思いが強くなり、1843年にそれまでの経歴を捨て、ランスに自分の会社クリュッグを設立するのです。

ヨーゼフの息子のポールは1880年に英国に”プライベートキュヴェ”という名前で売り出して、これがたいそう受けて経営の基礎を築きます。

 

意外かもしれませんがクリュッグは1960年代までは自社畑を持っていませんでした。

同じころにユーザーの目が肥え、シャンパーニュの品質へのこだわりは自社畑の有無が大きなメルクマールとなります。

そこでコニャックのレミーマルタン社の財政支援を受けて1970~72年に合計26haの100%の畑を取得します。

 

1983年にはアンリ クリュッグ氏によりロゼが導入されました。

1999年にはルイ ヴィトン モエ ヘネシー(LVMH)グループに入りましたが、伝統的な製法を守り続け、高品質なシャンパーニュをリリースしています。

2006年に6代目としてオリヴィエ クリュッグ氏が当主に就任しました。

クリュッグは品質の高さもさることながら、そのブランド価値も天下一品です。

「シャンパーニュはクリュッグしか飲まない」といった「クリュギスト」と呼ばれる熱狂的な愛好家がいることで知られています。

シャンパーニュの帝王とも呼ばれるクリュッグは、世界中の愛好家や評論家から高い評価を得ています。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。