ワイン用語集フランスワインボルドーのシャトーボルドー地方生産者

シャトーラトゥールブランシュとは?その特徴と歴史

シャトー ラトゥール ブランシュはソーテルヌ地区で、プルミエ クリュに格付けされているシャトーです。

セカンド ワインはレ シャルミルユ ド トゥール ブランシュです。

辛口ワインは、デュオ ド ラ トゥール ブランシュという名でリリースしています。

 

所有している畑は37haで、北にボムを眺めることが出来る小高い丘に位置しています。

土壌は底土が粘度石灰質で、表土は砂利層です。

栽培面積はセミヨン83%、ソーヴィニヨン ブラン12%、ミュスカデル5%です。

 

シャトーラトゥールブランシュ

フランス農業省所有のシャトー

現在所有者がフランスの農業省という珍しいシャトーです。

国が所有してから評価は低迷していましたが、ジャン ピエール ジョスラン氏が監督者になり、ワイン造りは大きく変わります。

畑を厳格に管理し、摘果を厳しく行います。

発酵は新樽100%の樽で行うようにし、熟成も新樽100%により16~18カ月行います。

この時期にセカンド ワインも導入し始め、ラ トゥール ブランシュの品質の底上げが可能になりました。

2001年には後任でコリーヌ リューレット氏が監督者に就任し、引く続き真摯に品質向上に向けてワイン造りに取り組んでいます。

 

 

ワイナリーの歴史

17世紀中期の貴族、ドゥ サンマール氏が所有していた土地にシャトーを建設しました。

1855年格付けの際には、プルミエクリュの筆頭とされます。

その後ダニエル イフラ氏が所有していましたが、大学をそこに建てる条件付きで1907年に国家に遺贈します。それ以降フランスの農業省が所有し、管理しています。

1983年にはジャン ピエール ジョスラン氏が監督者に就任し、品質向上のために様々な改革を行っていきます。

2001年には、後任でコリーヌ リューレット氏が監督者に就任しました。

 

 

1855年の格付け時には、プルミエ クリュの中で筆頭という評価を受けていました。

しかし国家が所有することになってから、学生の実習に使用されるなどで品質は低迷してしまいます。

1983年にジャン ピエール ジョスラン氏が監督者になり、徐々に評価が上がってきています。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。