世界の一流レストラン

メゾン ラムロワーズ|フランス シャニ―

ラムロワーズ(LAMELOISE)は、ブルゴーニュ地方のシャーニーにあるホテルレストランで、ミシュラン三ツ星を獲得しています。

三ツ星レストランがあると思えない田舎街で、ブルゴーニュののんびりした雰囲気を楽しむことができます。

長いこと三ツ星を保っているレストランの一つですが、評価を落とした時期もあり、そこから復活を遂げた名店といえます。

 

 

ラムロワーズ

伝統ある三ツ星レストラン

ラムロワーズは1920年代からミシュランの星を獲得している老舗レストランとして知られており、現在のシェフは最高職人賞であるMFOに認定されたエリック・プラです。

オーソドックスで伝統的なフランス料理であり、地元の名物を堪能することができます。

ブルゴーニュだからこそワインリストも素晴らしく、是非ワインとのマリアージュも楽しみたいものです。

 

店内は落ち着いていて、気張らないようなくつろげる空間となっています。

白を基調とした暖かみと清潔感のある装飾で、三ツ星レストランながらも気軽さもあるようなレストランです。

レストランに行くと、中2階でアペリティフと飲み物が提供され、そこでメニューを決めた後に席へと移動します。

 

アクセスと価格のめやす


ラムロワーズは、ボーヌから20分の位置、シャロン・シュル・ソーヌからは車で15分くらいにあるシャーニーという街にあります。

ボーヌから各駅停車のTERでは一駅で着きます。

シャーニーの駅からは徒歩10分くらいの位置にあり、広場が目印になります。

 

メニューは82、145、215€のメニューとアラカルトとなります。

三ツ星レストランとしてはリーズナブルな価格になります。

ディナーの場合、食事に4時間近く時間を費やすので、ホテルはできれば同ホテルに宿泊している方がいいでしょう。

 

ラムロワーズは大変に歴史のある名店で、もともと三ツ星を獲得したのは、1979年です。

三ツ星を獲得した時、三代目ジャック・ラムロワーズは三ツ星シェフとしては最年少だったのです。

当時はポールボキューズやトロワグロなどのオーナーシェフの台頭が目覚ましかったころで、その中でも特に名店の名をほしいままにしていました。

 

 

その後、2005年に一度二ツ星に落ちたものの2007年に三ツ星へ返り咲きました。

そしてジャックが2009年に引退してから4代目の現シェフへと移行したのです。

 

【当サイトからのお願い】

当サイト”ワインの教科書”では、世界の一流レストランをご紹介しています。

できる限り情報は最新・正確のものであるように心がけていますが、時の流れにすべての情報を合わせることはできず、完ぺきではありません。

そのため最終的にはユーザーの皆様でご確認の上、ご利用くださいますようお願いします。

また、レストランの場所によっては治安の悪いところもあり、高級レストランに通うお客を狙った犯罪もあるのが現状です。

そのような場所に高価な服やバッグ、多額の現金等を持ち合わせることは、危険を伴います。

ユーザー様にはこのようなご忠告もあるのだとご理解の上、ぜひ世界の素晴らしいレストランとワインをお楽しみくださいますようお願いいたします。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→