ワイン用語集フランスワインブルゴーニュ地方

コルトン ワインとは?|特徴とブドウ品種、合わせる料理

コルトン(CORTON)はコートドボーヌを代表する特級ワインの名称です。

ラドワセリニー、アロ―スコルトン、ペルナンヴェルジュレスの3村にまたがり、およそ160ヘクタールの指定栽培面積です。

 

コルトンの赤ワインは、コートドボーヌで唯一の特級赤ワインです。

「鎧兜をまとったような剛健なワイン」と言われ、タンニンをしっかりと感じられるボディのしっかりしたワインとなり、ブルゴーニュを代表するものとも言えます。

通常は、ピノノワールは繊細でかわいらしい口当たりのものが多いのですが、コルトンは例外で力強く、熟成することで最高の熟成香になります。

面積は232ha(コルトンが160ha,コルトンシャルルマーニュが72ha)、1937年にグランクリュに認定されました。

 

主な所有者に

ルイラトゥール(17ha)、ブシャールペールエフィス(3.25ha)、DRC(2.27ha)、ルイジャド(2.10ha)、ルロワ(0.5ha)、メオカミュゼ(0.45ha)

等があります。

 

わかりにくいのですが、同じエリアで特級のコルトンシャルルマーニュがありますが(約70ヘクタール)、おおよそ以下のようにご理解ください。

 

・コルトンは赤と白のAOC

・コルトンシャルルマーニュは白のみのAOC

・コルトンの白はごく微量で品質もグランクリュには達していないとの評価が多い

 

このように、実際にはコルトンにはごく微量のコルトンブラン(約200ケース超)がありますが、本質的に赤ワインにとっての特級畑に白ぶどうを植えるので品質も含めて重要視されていません。

また、AOCには第三のアペラシオンとしてシャルルマーニュがありますが、もはや生産されていないといっていいでしょう。

そのためここでは赤のコルトンについてご紹介していきます。

 

コルトン

語源

コルトンは、CURITIS D’ORTHON(キュリティス ドルトン)から派生するといわれています。

CURITISはフランス語の古語で現在でいうドメーヌのような使われ方をされていて、家の周りにある庭のようなものです。

ORTHONはこの領域を支配していた初期のローマ皇帝オルトンのことです。

 

コルトンシャルルマーニュといいここといい、時代の支配者に愛された土地といえるでしょう。

 

ブドウの種類

コートドボーヌの入り口にあるコルトンの丘にブドウ畑が広がり、この地で作られたピノノワールを使用した赤ワインです(白はお察しのとおりシャルドネです)。

ラドワセリニ村・アロースコルトン村・ペルナンヴェルジュレス村の3つにまたがる広大なブドウ畑です。

ピノノワールはこの丘の中部と下部にて栽培されています。

土壌は石灰岩でカルシウムを豊富に含む泥灰土となり、中腹部は緩やかな斜面になっています。

赤ワインのコルトンには、単なる「コルトン」という名前のものと、「コルトン」に区画名を付けたものがあります。

ラベルに記載できる区画は28種類となり、区画をブレンドした場合は「コルトン」のみが記載されます。

3大コルトンと呼ばれるものがあり、「コルトン・クロ・デュロワ」「コルトン・ブレッサンド」「コルトン・ルナルド」が有名です。

 

コルトンの特徴

コルトンは、赤のアペラシオンだけで160ヘクタールもあり、所有者も200以上になりますので、千差万別で品質もまちまちです。

残念ですがグランクリュには満たないような品質のものもありますので、特にご購入の際はしっかりと検討のうえで選ばれるのがいいでしょう。

 

濃い赤で少し紫帯びた深い色が綺麗な赤ワインで、フルーティーなアロマを感じながらもなめし革や甘草も感じられます。

若い内は赤い果実やスミレのアロマですが、熟成するとスパイスを感じるアロマへと変化していきます。

「人生を楽しむ王様」と評価されたように、力強さが特徴です。

長期熟成されることで、より旨みが凝縮されてコルトンの赤ワインの味わいを一層楽しめると言えるでしょう。

エレガントながらもボディの強さやタンニンが感じられる赤ワインです。

 

相性の良い料理

力強いながらもしっかりと締まったワインで、表情豊かな味わいが魅力です。

凝縮されたアロマや複雑身のある味わいなので、赤身の肉やジビエ料理の蒸し煮やソース添えと相性良くなっています。

例えばシカ肉を赤ワインとともに煮込み、パートフイユテで焼き上げたような料理は最高のマリアージュでしょう。

また、チーズであればウォッシュタイプや青カビタイプがおすすめです。

できれば10年程度は熟成させ、美味しく飲むには16~18度が適温です。

大ぶりのブルゴーニュグラスに少量を注ぎ、時代の皇帝に愛された歴史に思いをはせながら飲んでみてはいかがでしょうか。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。