世界の一流レストラン

ル プティ ニース パセダ|フランス マルセイユ

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ル プティ ニース(LE  PETIT NICE)は、フランスのマルセイユにある5ツ星ホテルのル・プティ・ニース内にある同名のミシュランの三ツ星レストランです。

海の側に建つ絶景レストランで、景色と共に最高の魚介フレンチを堪能することができます。

もともとマルセイユは漁師の街で、港以外にたいした観光地もないためさびれた古都というイメージでした。

星付きレストランの数もすくなく、ガストロノミーの育ちにくい素地があったなかでの三ツ星獲得は大変に高い評価を得ています。

 

ル プティ ニース

マルセイユ初の三ツ星レストラン

マルセイユで初めてミシュラン三ツ星を獲得したレストランです。

シェフはジェラール・パセダで、魚料理を得意としています。

ル・プティ・ニースは、地元の食材をふんだんに使ったマルセイユの名物であるブイヤベースが有名です。

パセダ家に代々伝わるレシピとなり、そこにジェラールの新しい構造が組み込まれています。

マルセイユの伝統的なブイヤベースとは異なり、いろいろな形状になりいくつものお皿に分かれて提供される面白さも味わうことができます。

魚介が中心のコースになるので、白ワインとのマリアージュを堪能できます。

 

レストランは三ツ星の中ではカジュアルな雰囲気ながらも、地中海を見渡せる絶景が特徴的です。

天気が良く、素晴らしい景色を楽しめるランチに食事することをお勧めします。

また、ディナーであれば夕暮れ時から予約するといいでしょう。

 

アクセスと価格のめやす


 

マルセイユの中心部から3㎞ほど離れた場所に位置する高級リゾートのようなホテルの中にあります。

基本的にはタクシーでのアクセスとなります。

TGVマルセイユ駅からタクシーで20分ほどの場所です。

 

ランチは55€~と価格もリーズナブルで、ブイヤベースを楽しめるコースは170€になります。

コース以外にもアラカルトもあるので、魚を塩釜で焼いたような大皿料理を楽しむことも可能です。

レストランはマルセイユでも特に人気ですので、予約は必須です。

 

1917年創業のル・プティ・ニースは、創業当時は大衆的なレストランでした。

その後、1979年にミシュラン1ツ星を獲得し、1981年に2ツ星へと昇格しました。

その後1990年に息子である現シェフが引き継いで3ツ星を獲得したのです。

親子三代に渡り伝統を守りながらも新しい手法も取り入れて進化しているのです。

 

【当サイトからのお願い】
 
当サイト”ワインの教科書”では、世界の一流レストランをご紹介しています。
 
できる限り情報は最新・正確のものであるように心がけていますが、時の流れにすべての情報を合わせることはできず、完ぺきではありません。
 
そのため最終的にはユーザーの皆様でご確認の上、ご利用くださいますようお願いします。
 
また、レストランの場所によっては治安の悪いところもあり、高級レストランに通うお客を狙った犯罪もあるのが現状です。
 
そのような場所に高価な服やバッグ、多額の現金等を持ち合わせることは、危険を伴います。
 
ユーザー様にはこのようなご忠告もあるのだとご理解の上、ぜひ世界の素晴らしいレストランとワインをお楽しみくださいますようお願いいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→