世界の一流レストラン

ルドワイヤン ヤニックアレノ|フランス パリ

パリの歴史的建造物であるパヴィヨンルドワイヤン(PAVILLON LEDOYEN 以下ルドワイヤン)は、1792年に創立された宮殿で、フランス最古のレストラン施設です。

かつてはナポレオンも通っていたルドワイヤンに、三ツ星レストランのヤニックアレノはあります。

シェフのヤニックアレノは、まずは落ち目だったホテルムーリスで三ツ星を獲得し、一気にスターシェフの仲間入りを果たします。

そしてムーリスをアランデュカスに引き継ぎ、自身はパリの歴史的建造物であるルドワイヤンを立て直すのです。

ルドワイヤンはガストロノミーの歴史でも大変に重要な存在で、以前はマキシムドパリやラセールと並ぶ名店として知られていました。

しかし時代の流れとともにグランメゾンからシェフの個性にフォーカスされだすと次第に没落し、長いこと評価を落としていたのです。

そこにヤニックアレノがムーリスの実績をひっさげシェフに就任すると、一気に三ツ星を獲得。

そして2017年には今度はサヴォワでシュヴァルブランというレストランをオープンし、そこでも三ツ星を獲得するのです。

このニュースは世界中のガストロノミー界の事件と言われ、ヤニックアレノはスター中のスターになりました。

 

ヤニック アレノ

現代ガストロノミー界のスター中のスター

フランス国内に三ツ星レストランを2軒同時に持っている唯一のシェフであるヤニックアレノは、フランス国家功労勲章や芸術文化勲章も受章しています。

ヤニックアレノがルドワイヤンのシェフに就任したのは2014年、何と翌年の2015年に三ツ星を獲得するのです。

 

エクストラクションという技法を生み出し、食材のエキスを抽出したソースを用いて伝統的なフランス料理と創作性のある新しい料理技術が融合します。

料理は創作性が高いものの、サービスや提供方法は伝統的なものとなり、フランス料理らしさを楽しめるでしょう。

 

店内は重厚感があり、華やかながらも品のある装飾となります。

料理やサービスに合わせたような伝統と歴史を感じられる外観と店内に圧倒されることでしょう。

 

アクセスと価格のめやす


 

シャンゼリゼ通りの裏手に位置し、プチパレの裏にあります。

一軒の緑に囲まれた洋館がルドワイヤンです。

地下鉄ではコンコルド駅とシャンゼリゼ・クレマンソー駅の中間地点に当たります。

夜でも明るくパリの中でも比較的安全な地域といえます。

もっとも、そのぶん観光客を狙ったひったくりもいるので注意しましょう。

 

ランチコースは70~130€が、ディナーコースは130~250€が予算となります。

パリの三ツ星レストランのなかでもリーズナブルな法と言えるでしょう。

アラカルトでも注文することができ、前菜で25~50€、主催で90~150€が相場価格です。

コース料理であれば、料理に合ったワインも提供されるコースもあります。

 

定休日は日曜日で、12月下旬~1月上旬と夏には長期休暇があるので、予約時には気を付けましょう。

 

 

ヤニックアレノは2016年1月1日にパリ市とコンセッション契約を延長し、レストランの再生に尽力しています。

ルドワイヤンに巨大なアートを設置したり、厨房をリニューアルしたりと歴史的建造物であるルドワインを更に進化し、新しい試みがプラスされています。

更に、2018年にはルドワイヤン内に本格江戸前寿司ラビスもオープンし、ヤニックアレノのルドワイヤンの再生は続きます。

 

【当サイトからのお願い】
 
当サイト”ワインの教科書”では、世界の一流レストランをご紹介しています。
 
できる限り情報は最新・正確のものであるように心がけていますが、時の流れにすべての情報を合わせることはできず、完ぺきではありません。
 
そのため最終的にはユーザーの皆様でご確認の上、ご利用くださいますようお願いします。
 
また、レストランの場所によっては治安の悪いところもあり、高級レストランに通うお客を狙った犯罪もあるのが現状です。
 
そのような場所に高価な服やバッグ、多額の現金等を持ち合わせることは、危険を伴います。
 
ユーザー様にはこのようなご忠告もあるのだとご理解の上、ぜひ世界の素晴らしいレストランとワインをお楽しみくださいますようお願いいたします。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。