ワイン用語集イタリアワイン

リグーリア州のワインと地方料理|ブドウ品種と特徴

リグーリア州は、イタリア北西部に位置する州です。

州都は、イタリア最大の港を持つジェノヴァです。

世界的に有名なリゾート地のラパッロやポルトフィーノ、ほかにも美しい街並みを持つ港町のジェノヴァなどを持つ観光名所です。

 

ワインの生産は、山の斜面を切り崩して斜面にブドウ畑を作り行っています。

栽培の難しい環境から人々はより栽培しやすい品種を作るために努力を重ねてきたため、様々な品種のブドウを持っています。

様々な性質の土壌が存在していたこともあって、幅広い味わいのワインが製造されています。

しかし、州の面積の65%を山岳地帯が占めているため、ブドウの栽培に利用できる土地が少なく生産自体はあまり活発ではありません。

また、地元の人々や観光客によってワインが消費されてしまうため、ほとんど輸出を行っておらず日本でこの地域のワインを手に入れることは難しいでしょう。

 

日本のワイン業界においては重要度は高くありません。

地図を見ておわかりのとおり、リグーリア州は海岸線沿い長い典型的なリゾート地で、漁業と観光事業が発展しているためワイン生産は地元でも重要ではないのです。

 

 

リグーリア州のワイン

代表的な赤ワイン

リグーリアでは、白ワインの製造がほとんどで赤ワインはあまり作られていませんが、強いて言うならばロッセーゼ・ディ・ドルチェアクアやコッリ・ディ・ルーニです。

リグーリアの赤ワイン製造には、ロッゼーゼという土着種が主に使用されます。

ロッゼーゼは、優しい口当たりとタンニンが特徴の黒ブドウ品種です。

 

代表的な白ワイン

リグーリアで造られるチンクェ・テッレは、ペトラルカの作品中でもその名前が登場する古くから知られる銘酒です。

緑を帯びた麦わら色をしていて、新鮮で繊細な香りのある若飲みタイプの辛口白ワインです。

シャツケトラというデザートワインの銘柄も作られていますが、年1万本程度と生産数が非常に少なく希少です。

 

ワイン製造には、ボスコ種、アルバロー種、ヴェルメンティーノ種のブドウが使われます。

ボスコ種は、リグーリアの白ワイン製造に使われる中心的な品種です。

リグーリア以外で栽培すると渋みが目立ってしまうのですが、この地域では栽培環境の影響で渋みが抑えられ、蜂蜜のような甘味を感じさせてくれるよう成長します。

 

地方料理

モナコにも近く、温暖で海岸線の長いリゾート地なので、見た目の派手なシーフード料理が多く見られます。

また、オリーブオイルの名産地なので、どの料理にも多めのオリーブオイルが用いられるのが特徴です。

有名なものにカッポン マーグロ(CAPPON MAGRO)といって様々な魚と季節野菜を焼き、ヴィネガーを湿らせたパンを敷いお皿の上に盛り合わせたお料理があります。

↑の画像を見てもお分かりのとおり、いかにも観光客向けの派手な盛り付けで、テラスでワインを飲みながら優雅にカッポンマーグロを食べる観光客の姿が浮かびます。

 

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。