ワイン用語集フランスワインブルゴーニュのドメーヌブルゴーニュ地方生産者

ルイカリヨン(ジャックカリヨン)とは?ドメーヌの特徴と歴史

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ルイ カリヨンは、ピュリニ モンラッシェを本拠地とするドメーヌです。

ブルゴーニュの白ワイン最高峰である、コント ラフォンやエティエンヌ ソゼと肩を並べる評価を受けている造り手です。

畑はピュリニ モンラッシェを中心に、11haほど所有しています。

グラン クリュであるビアンヴニュ バタール モンラッシェや、プルミエ クリュのレ ペリエールなど素晴らしい畑を所有しています。

ルイカリヨン

ピュリニー最高峰のドメーヌ

収穫はすべて手摘みで行います。搾汁は空気圧プレス機を使用し、優しく行います。

熟成は小樽にて行い、新樽率は15~20%で12カ月行います。

その後タンクで6カ月熟成させてから出荷されています。

比較的新樽率を抑えており、ブドウの果実の風味を尊重したスタイルでワイン造りを行っています。

 

ルイ カリヨンは丁寧な畑作業が特徴的です。

ブドウ畑はリュット レゾネで栽培され、薬剤の散布を控え、ボルドー液のみ必要に応じて使用しています。

トラクターで入ることが出来ない区画は、馬を使用して耕作しています。

また収穫のタイミングをしっかりと見極め、遅摘みはせずに酸がしっかりと残るタイミングでの収穫を行っています。

そのためルイ カリヨンのワインは、酸味と果実味のバランスがとれており、テロワールの特徴が表されているワインを生産しています。

 

ドメーヌの歴史

1520年にジャン カリヨン氏によって設立されたワイナリーが前身となっています。

ドメーヌ ルイ カリヨンは、1981年にルイ カリヨン氏によって設立されました。

ルイ氏の息子であるジャック氏とフランソワ氏もドメーヌに参加し、実際に運営していました。

2010年にはルイ カリヨン氏が引退し、ジャックとフランソワ兄弟にドメーヌは分割され、兄のジャック氏がルイ カリヨンを引き継ぎ、ジャック カリヨンを設立しました。

 

弟のフランソワ氏は独立し、フランソワ カリヨンを設立しました。

フランソワ カリヨンは現在息子のポール氏が継ぎ、ポール カリヨンの名でワイン造りを行っています。