ワイン用語集フランスワインシャンパーニュ地方

シャンパン―ニュの”メゾン”とは?

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

シャンパーニュのことを勉強していくと、必ずメゾンという言葉にぶつかります。

メゾンフランス語で”MAISON”とつづり、ハウス(家)の意味です。

 

シャンパーニュづくりはもともと18世紀ころから本格的に造られるのですが、一般のスティルワインと違って製法が複雑で家族経営で営業しているところがほとんどでした。

そこからシャンパーニュ地方では伝統的にシャンパンの製造業者や酒販業者のことをメゾンと呼んでいるのです。

ここではあまり深く考えずに「シャンパーニュ地方ではワイナリーをメゾンと呼ぶ」程度に考えていいでしょう。

 

似たような言葉にボルドーのシャトー、ブルゴーニュのドメーヌがあります。

 

この二つの言葉はどちらもワイナリーを指す言葉ですが、さらに栽培から醸造、瓶詰までを一貫して行うワイナリーを指します。

 

シャンパーニュのメゾンに関しては、代表的なものにNMRMがありますが、大手メゾンはほとんどすべてがNMです。

 

NMはネゴシアンマニピュランといって、ブドウ(全部、あるいは一部)を他社から買い付けてワインを仕込みます。

シャンパーニュのメゾンはブルゴーニュやボルドーよりも規模が圧倒的に大きく、自社畑だけでは賄いきれないのです。

 


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→