自宅で楽しむワイン

麻婆豆腐に合うワインとそのマリアージュ

麻婆豆腐はひき肉のうまみとテンメンジャンの甘み、そして豆板醤などのスパイスが溶け合った複雑な味わいです。

料理の味わいの中でも特に辛みとうまみがポイントになっていて、そのためワインとのマリアージュはどうしても高級ワインは不向きでしょう。

高級ワインと合わせてしまうと、麻婆豆腐の刺激で舌がマヒしてしまい、せっかくの高級ワインがもったいないからです。

 

そのためできれば一本2000円くらいまでの価格のものを選び、以下のポイントを押さえてご購入ください。

 

①スパイスや辛みの印象が強いので、ほんのりとした甘みのあるワイン

②麻婆豆腐のスパイスの印象に合わせてスパイシーな印象のワイン

 

この二点を押さえれば問題ありません。

例えば①であれば、ロゼダンジュというワインはいかがでしょうか。

ほんのりした甘みのあるロゼワインで、この甘味が辛さを中和させ、食欲を増進させます。

さらにロゼワインの若干の渋みも肉のうまみを引き立たせます。

 

②であれば、オーストラリアのシラーズや南フランスコートデュローヌもいいでしょう。

コクのある赤ワインは麻婆豆腐の刺激にも合わせやすく、渋みが口をさっぱりさせてくれます。

 

ただし、いずれにせよあまりにも辛みやスパイスの印象が強いと、もはやワインとの相性とかそういう次元の問題ではなくなってしまいます。

もしワインと合わせようという場合はこれらの味わいを控えめにしていただくのがベストでしょう。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。