ワイン用語集フランスワインブルゴーニュのドメーヌブルゴーニュ地方生産者

マルクコランとは?ドメーヌの特徴と歴史

マルク コランは、サン トーバンを本拠地とするドメーヌです。

サン トーバンでは最も偉大な造り手の一人として知られています。

赤ワインも生産していますが、白ワインがより高い評価を得ています。

約20カ国に輸出されており、世界的に人気があるドメーヌです。

サン トーバンを中心に、シャサーニュ モンラッシェ、ピュリニ モンラッシェムルソーサントネイなどに畑を所有しています。

 

 

 

マルクコラン

サント―バンの名ドメーヌ

栽培はリュット レゾネを採用し、一部ビオ ロジックを実践しています。

樹齢の高いブドウ樹が多く、低収量を実現して凝縮感のあるブドウを収穫しています。

発酵は樽を使用しており、以前はバトナージュを多用していましたが、現在は過度な抽出を抑えるため、バトナージュを抑えています。

白ワインの熟成は畑にもよりますが、7~8カ月樽で熟成し、4カ月タンクで熟成しています。

新樽率は50%ほどでしたが、30%ほどに引き下げピュアな果実味を大事にしています。

モンラッシェ新樽率100%で、18カ月熟成させています。

 

ドメーヌの特徴

マルク コランは様々な村に畑を所有しており、そのため約26アペラシオンという数のワインを生産しています。

サントーバンに様々な区画を所有しており、「サン トーバンの特徴を知りたいのであればマルク コランを試すべきだ」とさえ言われています。

またモンラッシェやコルトン シャルルマーニュなど、ブルゴーニュ最高峰のグラン クリュも所有しています。

モンラッシェはシャサーニュ モンラッシェ側の最上部を所有しており、年間約2樽ほど生産しています。

 

歴史

1970年にマルク コラン氏が設立しました。設立当初は所有している畑は6haと小さいものでしたが、80年代から90年代にかけて畑を買い足し、現在は12haほどを所有しています。

マルク氏は2000年代前半に引退し、3人の息子達が中心となり運営しています。

その後、長男のピエール イヴ氏と次男のジョゼフ氏が各々独立したため、三男のダミアン氏を当主として、長女のカロリーヌ女史と共にドメーヌを運営しています。

 

 

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

弊社運営のオンラインショップのご案内

ワインの教科書は、

オンラインショップ”ワインブックス

を運営しています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、お立ち寄りください。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ワインブックスへ→