ワイン用語集

スパークリングワインの製法の”シャルマー方式”とは?

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

シャルマー方式はスパークリングワインの製法の一つです。

発酵完了したワインをタンク内にうつし密閉し、そこに糖分と酵母を加えます。

発酵が行われることで二酸化炭素が生まれますが、タンクは密閉されていますので炭酸ガスは液体に溶け込みます。

 

シャンパーニュ地方などのメトード トラディッショネルは、この作業を瓶内で行うのですが、シャルマー方式ではタンク内で行うため大量生産に向き、その結果コストを抑えることができます。