ワイン用語集

スパークリングワインの製法の”トラディショナル方式”とは?

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

トラディショナル方式はスパークリングワインの製法の一つで、シャンパーニュ地方を代表とする高級スパークリングワインの製法です。

通常発酵させた白ワインを瓶に詰めて栓をし、そこに糖分と酵母を加えます。

すると瓶内で発酵が始まります。発酵が始まると二酸化炭素が発生します。

しかし瓶は密閉されていますので泡となって液体に溶け込みます。これがシャンパンの泡の正体です。

 

この手法は、

フランスではMETHODE TRADITIONNELLE

イタリアでは METODO CLASSIOCO

ドイツではFLASCHENGARUNG

スペインではCAVA

と名称が決まっています。

 

瓶内で酵母と接触することで独特のイーストの香りがつき、長期間瓶内熟成することで液体に泡が滑らかに溶け込むメリットがあります。

反面、機械作業には向かないので人件費がかかり、流通までに時間がかかりますのでどうしても一本当たりの単価が上がるデメリットがあります。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→