ワイン用語集

ミニャルディーズ(プティフール)とは?役割と合わせるワイン

ミニャルディーズ(MIGNARDISE)は、広義ではプティフールと同様に、食後にカフェと一緒に楽しむ小菓子のことを指します。

ただし、ミニャルディーズは語源がかわいらしい(MIGNON)からきているのに対してプティフール↓はオーブン(FOUR)からきているため、若干の違いがあります。

ミニャルディーズはエクレアやシュークリーム、一口デザート全般であるのに対してプティフールはクッキーなどのオーブン菓子を指すことが多いです。

ただしレストランではどちらを使っても問題ありませんし、現在では違いがあるようには感じません。

 

ミニャルディーズの重要性

ミニャルディーズは、食後の印象を高め、余韻を楽しむために重要性は非常に高いと考えられています。

フランスの高級レストランでは、ミニャルディーズがないというのはほとんどなく、かならず食後のカフェと一緒に何かしらが添えられます。

また、ディジェスティフとシガーと一緒にミニャルディーズが楽しめれば、最高のマリアージュと言えるでしょう。

この場合のディジェスティフは、ポートコニャック貴腐ワイン遅摘みワイン、ヴァンドパイユなどが該当します。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→