ワイン用語集フランスワインブルゴーニュのドメーヌブルゴーニュ地方生産者

フランソワミクルスキーとは?特徴と歴史、基礎知識

フランソワミクルスキームルソーを拠点とするドメーヌです。

1991年に創業とまだ歴史は浅いですが、ムルソーのトップ生産者のひとつという地位を確立しています。

畑はムルソーを中心に8ha所有しています。

当主であるディジョン出身のフランソワ ミクルスキー氏はボーヌの醸造学校でワイン造りを学び、1983年にはカリフォルニアのロマネ コンティとも呼ばれるカレラ エステートで研修しています。

彼が目指すワイン造りは、ブドウの良さを表現したもので、人的介入を減らしたものです。


↓の画像にあるように、エチケットは透明のセロファンに印字をしたもので、どう見ても高級ワインには見えませんし、大変に失礼ですがぱっとみコマーシャルワインのようです。

しかし、品質は最高レベルにあり、そのギャップが早々とミクルスキーの名前をムルソーを代表するものに押し上げたのかもしれません。

 

フランソワミクルスキー

ムルソーの新星

栽培はリュットレゾネを採用し、相続した畑は古樹が多く、収量を低く抑え凝縮感を大事にしています。

白ワインは、天然酵母のみを使用し、低い温度が保たれる地下のカーヴで3~4カ月間をかけてゆっくりと発酵させます。

熟成はオーク樽で12カ月以上させますが、新樽率は20%以下に抑え、樽の風味が出過ぎて、ブドウの良さや上品さを抑えないようにしています。

赤ワインは2週間ほどステンレスタンクで発酵、オーク樽で14カ月以上熟成させます。プルミエクリュなどは35%新樽を使用しています。

 

ワイナリーの歴史

アメリカでの研修を終えたミクルスキー氏は、1984年から叔父であるドメーヌ リュシアン ボワイヨの当主、ピエール ボワイヨ氏の元で畑の管理を担当します。

1991年には引退したピエール ボワイヨ氏から畑を借り、自身のドメーヌをスタートさせました。

初ヴィンテージは1992年です。

 

ムルソーのトップ生産者の一人として評価されています。フランス国内での評価が高く、三ツ星レストランのワインリストによく選ばれています。

生産量の6割は輸出にまわしていますが、日本への輸出量は少なく、入手困難なワインといえます。

ムルソーのプルミエクリュであるグット ドール、ペリエール、シャルム、ジュヌヴリエールから造られるワインはとても評価が高く、ブルゴーニュ愛好家垂涎の的となっています。

 

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。