ワイン用語集フランスワインボルドーのシャトーボルドー地方生産者

ラ モンドットとは?その特徴と歴史

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

モンドットサンテミリオンのプルミエ グラン クリュ クラッセBに格付けされているシャトーです。

2012年に兄弟シャトーである、シャトー カノン ラガフリエールと共に格付けされました。

格付けまではほとんど目立った存在ではなかったのですが、格付けとともに品質も見直され、価格も上がってきています。

 

ラ モンドット

サンテミリオンの新星

 

所有してる畑は4.5haで、平均樹齢50年の古木が主体です。

土壌は石灰粘土質で適度に砂が混じっています。

栽培面積はメルロ80%、カベルネ フラン20%です。

多くのシャトーを所有しているナイペルグ伯爵ですが、ラ モンドットは毎年1000ケース以下の少量生産であるため、最新技術はまずラ モンドットで導入しています。

1996年以降、発酵は木製のタンクで行っています。

発酵中は丁寧にピジャージュを行い抽出を行い、樽の中でマロラクティック発酵も行います。

新樽比率100%で18~24カ月熟成を行い、清澄とろ過は行わずに瓶詰めされています。

 

ワイナリーの歴史

1971年にジョセフ ユベール フォン ナイペルグ伯爵が、シャトー カノン ラガフリエールと共にシャトー ラ モンドットを購入しました。

1983年から息子のステファン フォン ナイペルグ伯爵が後を継いでいます。

しかしシャトー カノン ラガフリエールに手がかかり、時間を割かれていたため、シャトー ラ モンドットの評価はあまり高いものではありませんでした。

伯爵は1996年に、シャトー ラ モンドットをシャトー カノン ラガフリエールに統合しようと考えましたが、INAOはこれを拒否したため、伯爵はシャトー ラ モンドットの品質向上に本腰を入れます。

 

1996年からコンサルタントにはステファン デュノンクール氏を採用し、ワイン造りを行います。1996年ヴィンテージからシャトー ラ モンドットのシャトーを外し、ラ モンドットして販売しています。

それほどこの1996年は一つの区切りとされています。

2012年にラ モンドットは高品質と認められて、プルミエ グラン クリュ クラッセBに格付けされました。

2014年には100%オーガニックワインとして認定されています。

 

多くのワイン評価誌から高い評価を得ていて、2009年ヴィンテージはパーカーポイント100点を獲得しています。