チーズの楽しみ方

ヴァシュランモンドールチーズとは?生産地域と原材料、合わせるワイン

ヴァシュランモンドールは、毎年8月15日から翌年3月15日まで生産され、9月10日から翌年5月10日まで販売されるという期間限定の貴重なチーズとなります。

表面は固いものの、中はトロトロとしており、スプーンでなければすくうことができないほどです。

これは熟成が進むことでさらに顕著になりますが、同時に風味は強烈でチーズ初心者は避けたほうが無難でしょう。

 

ヴァシュランモンドール

原材料

原材料は牛乳で、ジュラ山脈で放牧されている牛の牛を使用しています。

生産は完全手作業となっており、熟成の過程で塩水を使用して何度も洗います。

そのためミルクが本来持つ旨みを持ったままチーズが作られるのです。

 

フランス産のものは無殺菌乳を使用していますが、スイス産のものは低温殺菌乳を使用しています。

そのため産地で少し味わいが変わるのが特徴です。

 

生産地域


フランススイスの2国で生産されているチーズです。

フランススイスの国境付近のジュラ山脈の中にあるモンドール山周辺で生産されています。

フランス側で作られたものを「モンドール」と呼び、スイス側で作られたものを「ヴァシュランモンドール」と呼びます。

 

特徴とタイプ

ヴァシュランモンドールはウォッシュタイプのチーズとなり、エセピアと呼ばれるモミの木の樹皮で側面を囲まれ、モミの木の木箱に入って販売されます。

表面が薄いオレンジ色のような色で、時に白カビが生えていることもあります。

これは箱に詰めるタイミングや製造の過程によるものなので、食用上問題はありません。

暑さに弱く傷みやすいチーズのため、季節限定のチーズとなっています。

 

ヴァシュランモンドールを美味しく食べるには、冷蔵庫から出した後は1時間ほど常温で置き、チーズがとろりとなる状態にすると良いでしょう。

その状態でチーズフォンデュのようにバケットなどをつければ、ワインと最高のマリアージュとなります。

 

入手困難なチーズ?

ヴァシュランモンドールは一時期入手が困難なチーズとなっていました。

これは1988年にリステア菌が発見されたので輸出禁止となり、フランスでしか手に入らないチーズとなっていたのです。

しかし1995年には輸出禁止が解除されたので、再びフランス外でも入手できるようになりました。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。