チーズの楽しみ方

ヴァシュランモンドールチーズとは?生産地域と原材料、合わせるワイン

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ヴァシュランモンドールは、毎年8月15日から翌年3月15日まで生産され、9月10日から翌年5月10日まで販売されるという期間限定の貴重なチーズとなります。

表面は固いものの、中はトロトロとしており、スプーンでなければすくうことができないほどです。

これは熟成が進むことでさらに顕著になりますが、同時に風味は強烈でチーズ初心者は避けたほうが無難でしょう。

 

ヴァシュランモンドール

原材料

原材料は牛乳で、ジュラ山脈で放牧されている牛の牛を使用しています。

生産は完全手作業となっており、熟成の過程で塩水を使用して何度も洗います。

そのためミルクが本来持つ旨みを持ったままチーズが作られるのです。

 

フランス産のものは無殺菌乳を使用していますが、スイス産のものは低温殺菌乳を使用しています。

そのため産地で少し味わいが変わるのが特徴です。

 

生産地域


フランススイスの2国で生産されているチーズです。

フランススイスの国境付近のジュラ山脈の中にあるモンドール山周辺で生産されています。

フランス側で作られたものを「モンドール」と呼び、スイス側で作られたものを「ヴァシュランモンドール」と呼びます。

 

特徴とタイプ

ヴァシュランモンドールはウォッシュタイプのチーズとなり、エセピアと呼ばれるモミの木の樹皮で側面を囲まれ、モミの木の木箱に入って販売されます。

表面が薄いオレンジ色のような色で、時に白カビが生えていることもあります。

これは箱に詰めるタイミングや製造の過程によるものなので、食用上問題はありません。

暑さに弱く傷みやすいチーズのため、季節限定のチーズとなっています。

 

ヴァシュランモンドールを美味しく食べるには、冷蔵庫から出した後は1時間ほど常温で置き、チーズがとろりとなる状態にすると良いでしょう。

その状態でチーズフォンデュのようにバケットなどをつければ、ワインと最高のマリアージュとなります。

 

入手困難なチーズ?

ヴァシュランモンドールは一時期入手が困難なチーズとなっていました。

これは1988年にリステア菌が発見されたので輸出禁止となり、フランスでしか手に入らないチーズとなっていたのです。

しかし1995年には輸出禁止が解除されたので、再びフランス外でも入手できるようになりました。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→