ワイン用語集イタリアワイン

モレリーノディスカンサーノとは?特徴とブドウ品種、合わせる料理

モレリーノ ディ スカンサーノは、イタリアのトスカーナ州スカンサーノで造られるDOCGワインです。

トスカーナはキャンティブルネッロディモンタルチーノ、ヴィーノノビーレディモンテプルチアーノなど花形のワインが多く、その陰に隠れている印象はいなめません。

しかし実際には品質は高く、かつ知られていないメリットとして熟成したワインが入手しやすいので(日本では入手しづらい)現地で見かけた場合はぜひご購入をお勧めします。

モレリーノディスカンサーノ

柔らかい仕上がりのサンジョベーゼ

このワインは、85%以上のサンジョベーゼ種と、カナイオーロ種、マルバジアネーラ種などの原地で栽培されている黒ブドウを混ぜて造られます。

生産地では、サンジョベーゼをモレリーノと呼びます。

モレリーノは、“Morellino”と綴り、その由来は“Mora(黒い果実)”からきています。

サンジョベーゼは、酸味の強い品種ですが、スカンサーノに使われるものは、熟成が進んだものが使われるので、酸味が悪目立ちしない、ソフトで果実味が豊富なバランスの良い仕上がりとなっています。

この地域は、比較的冷涼ですが、海に近いことやキャンティより南部に位置することから、近隣のブドウ産地と比べるとブドウの熟成度合いは高くなっています。

 

 

ブドウ品種

サンジョベーゼ種は、イタリアトスカーナ地方原産の赤ワイン用のブドウ品種です。

この品種は、イタリア全土において最も普及しています。

特に、キャンティ地区、キャンティクラシコ地区では、ワイン造りの主要品種として有名になっています。

一般的に上質なサンジョベーゼは、非常に濃い赤色をしていて、強い酸味とやや強い渋みが特徴となっています。

しかし、前述のようにスカンサーノには熟成が進んだものが使われているので、サンジョベーゼの、酸味や赤色といった特徴はこのワインではやや弱まっています。

 

 

隠れた上質ワイン

同じトスカーナ州では、キャンティや、キャンティ・クラシコ、といったワインが非常に有名です。

しかしこれらのDOCG地区は非常に広域で、ブドウの栽培方法や醸造方法も様々であるため、品質にばらつきがあるといった欠点があります。

また、上質なブルネッロやスーパートスカーナは値が高すぎてしまい、日常的に楽しめないのもまた悩ましいところです。

しかし、モレッリーノ ディ スカンサーノは、品質にばらつきが少なく、まだ日本での知名度があまり高くいこともあって、比較的安価で購入できます。

キャンティの品質に納得がいかなかったという方は、このワインを試してみてはいかがでしょうか?

 

合わせる料理

渋味がしなやかでサンジョベーゼらしい熟した果実の香りが特徴です。

熟成することで複雑な香りが出やすく、ミネラルの印象も残ることから煮込み料理に合わせやすいです。

現地の料理である牛肉をトマトで煮込んだ料理等は最高のマリアージュでしょう。


また、モレリーノは高級ワインではありませんので、例えば焼きっぱなしの料理も合わせやすいです。

キャンティ同様Tボーンステーキは見るからにモレリーノのしなやかな渋みに愛想で、ぜひ試してみたいマリアージュでしょう。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。