ドイツワインワイン用語集

モーゼルのワイン|特徴とブドウ品種を解説

モーゼル(MOSEL)は、ドイツの限定生産地域の一つです。

ラインガウと共に、ドイツワインの銘醸地として知られています。

ローマ人がモーゼルにブドウ栽培をもたらしたとされており、ドイツワイン発祥の地と言われています。

ラインラント ファルツ州とザールラント州に位置しており、モーゼル川とその支流であるザール川、ルーヴァー川の流域に広がっているワイン産地です。

 

もともとはモーゼル・ザール・ルーヴァーと呼ばれていましたが、現在では単にモーゼルと呼びます。

ただしザール川やルーヴァー側の支流でも生産されていることには変わりありません。

 

モーゼルのワイン

全体像


モーゼル川は全長約550kmと長く、そのためモーゼルは南北に細長いワイン産地です。

そして山岳地帯であるため、モーゼル川は激しく蛇行しながら流れています。

蛇行しているため、川沿いには南向きの畑もあり、ブドウ栽培に適している環境です。

 

モーゼルにあるべライヒはブルクコッヘム、ベルンカステル、モーゼルトール、オーバーモーゼル、ザール、ルーヴァータールの6つです。ザールには、オルツタイルラーゲであるシャルツホーフベルクがあります。

 

日照量の問題をカバーするべく急傾斜にブドウ畑があり、そのため川からの水蒸気が霧を造り、その結果貴腐ワインを造りやすい環境となるのです。

 

特徴とブドウ品種

モーゼルの特徴としては、急斜面に畑が多く位置していることです。

モーゼルにある畑の40%ほどが、30度以上の急斜面にあります。

この急斜面はリースリングの栽培に適してはいますが、機械を導入することが困難であり、手作業でブドウ栽培を行わなければならないため、高いコストが必要とされます。

特にモーゼル川中流のベルンカステル地区は、粘板岩質の急斜面であり、シーファーと呼ばれているスレート状の石が畑の表面を覆っています。

その石が日中に太陽熱を吸収し、夜間に放出するため、厳しい寒さを和らげることが出来ます。

 

モーゼルのワイン生産量のうち、90%ほどが白ワインです。

そして最も栽培されているブドウ品種はリースリングであり、高品質な辛口にはリースリングSマークを表記することが認められています。

その他にはミュラー トゥルガウや、土着品種であるエルプリング、ケルナーが栽培されています。

エルプリングはモーゼル川の上流で主に栽培されており、スパークリングワインであるゼクトに使用されています。

 

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。