ドイツワインワイン用語集

モーゼルのワイン|特徴とブドウ品種を解説

モーゼル(MOSEL)は、ドイツの限定生産地域の一つです。

ラインガウと共に、ドイツワインの銘醸地として知られています。

ローマ人がモーゼルにブドウ栽培をもたらしたとされており、ドイツワイン発祥の地と言われています。

ラインラント ファルツ州とザールラント州に位置しており、モーゼル川とその支流であるザール川、ルーヴァー川の流域に広がっているワイン産地です。

 

もともとはモーゼル・ザール・ルーヴァーと呼ばれていましたが、現在では単にモーゼルと呼びます。

ただしザール川やルーヴァー側の支流でも生産されていることには変わりありません。

 

モーゼルのワイン

全体像


モーゼル川は全長約550kmと長く、そのためモーゼルは南北に細長いワイン産地です。

そして山岳地帯であるため、モーゼル川は激しく蛇行しながら流れています。

蛇行しているため、川沿いには南向きの畑もあり、ブドウ栽培に適している環境です。

 

モーゼルにあるべライヒはブルクコッヘム、ベルンカステル、モーゼルトール、オーバーモーゼル、ザール、ルーヴァータールの6つです。ザールには、オルツタイルラーゲであるシャルツホーフベルクがあります。

 

日照量の問題をカバーするべく急傾斜にブドウ畑があり、そのため川からの水蒸気が霧を造り、その結果貴腐ワインを造りやすい環境となるのです。

 

特徴とブドウ品種

モーゼルの特徴としては、急斜面に畑が多く位置していることです。

モーゼルにある畑の40%ほどが、30度以上の急斜面にあります。

この急斜面はリースリングの栽培に適してはいますが、機械を導入することが困難であり、手作業でブドウ栽培を行わなければならないため、高いコストが必要とされます。

特にモーゼル川中流のベルンカステル地区は、粘板岩質の急斜面であり、シーファーと呼ばれているスレート状の石が畑の表面を覆っています。

その石が日中に太陽熱を吸収し、夜間に放出するため、厳しい寒さを和らげることが出来ます。

 

モーゼルのワイン生産量のうち、90%ほどが白ワインです。

そして最も栽培されているブドウ品種はリースリングであり、高品質な辛口にはリースリングSマークを表記することが認められています。

その他にはミュラー トゥルガウや、土着品種であるエルプリング、ケルナーが栽培されています。

エルプリングはモーゼル川の上流で主に栽培されており、スパークリングワインであるゼクトに使用されています。

 


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→