ワイン用語集フランスワインボルドー地方

ムーリスのワインとは?特徴と全体像の解説

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ムーリス(MOULIS 最後のエスを発音せずにムーリ アン メドックと呼ぶことも多いです)はフランスボルドー地方、オーメドックに位置するワイン産地です。

同じくオーメドックに位置するサンテステフポイヤックなどに比べると知名度は低いですが、同様に赤ワインが生産されています。

 

ムーリスには格付けされているシャトーが無いため、日本での知名度は高くありません。しかし小規模なシャトーが集まる産地であり、比較的価格が抑えられているため近年注目を集めているワイン産地です。

クリュ ブルジョワにも選ばれたシャトー プジョーやシャトー シャススプリーン、モーカイユ―などもムーリスにあるシャトーであり、ムーリスの名を広めています。

 

リストラックと比較されることが多いのですが、相対的に見るとムーリスのほうが高い評価を得ています。

粘土と石灰質が強い土質で、これがメルロー種によく合うのか、全体的にメルローの比率が高いシャトーが多くなっています。

 

 

 

ムーリスのワイン・シャトー

全体像

ムーリスはジロンド川から少し離れており、マルゴーサンジュリアンの間の西に位置しています。

ムーリス村を中心とし、アルサン、アヴァンサン、カステルノー ド メドック、ラマルク、リストラック メドック、キュサック フォー メドックの7つの村が生産地域として指定されています。

ムーリスはリストラック同様オーメドックでは比較的標高の高い産地です。

東側は水はけのよいガンジアン砂利層が堆積した土地で、主にカベルネソーヴィニヨンが栽培されています。

他地域は粘土と石灰岩が混じっており、メルロが主に栽培されています。

 

特徴とブドウ品種

ムーリスではカベルネソーヴィニヨン主体の赤ワインが生産されており、深みある黒い果実の香りと力強い味わいが特徴です。

若いうちはタンニンが強く残りますが、熟成を経ることによりしなやかな味わいへと変わります。

若飲みなワインが多いリストラックに比べて、ムーリスは熟成に耐えられるワインが多く生産されています。

 

ムーリスでは赤ワインのみが生産されており、カベルネ ソーヴィニヨン、カベルネ フラン、メルロ、マルベック、カルメネールなどが栽培されています。

メルロの比率が高いリストラックに比べてムーリスはカベルネ ソーヴィニヨンの比率が高く、しっかりとした骨格を持っています。

 


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→