ワイン用語集フランスワインブルゴーニュ地方

ミュジニー グランクリュ ワインとは?特徴とブドウ品種

ミュジニーは、ブルゴーニュ地方のシャンボールミュジニーにあるグラン クリュです。

ピノ ノワールを使用した赤ワインが生産量のほとんどを占めますが、一部白ワインの生産も認められています。

コートドニュイで赤と白の両方を造ることのできる唯一のグランクリュです。

ブルゴーニュで最も偉大なワインで、さらに所有権者が安定しているため、どのワインをとっても超一流とされています。

その意味では地上で最も偉大なワインのひとつだ、と評する評論家もいます。

 

ミュジニーシャンボールミュジニーの由来となった由緒ある畑であり、村の南端に位置しています。

標高270~300mにの斜面にあり、その畑に立つとプルミエ クリュのレザムルーズを見下ろすことができます。

コンブラシアンの石灰岩が母岩となっており、主に粘土質を泥質で構成されています。

ミュジニーの語源は、11世紀にさかのぼります。

ピエールグロという人物が所有する土地をシトー派の修道院に寄進するのですが、この畑が「CHAMPS DE MUSIGNEシャンドミュジーヌ」と呼んでいました。

この記録が1500年ころの地元の公文書に残っているのですが、これが唯一の語源とされています。

(もっとも、どこまで真実かははっきりしていない)

 

主要な所有者に、

ヴォギュエ(6.46ha)、フレデリックミュニエ(1.14ha)、ジャックプリウール(0.76ha)、ジョゼフドゥルーアン(0.68ha)、ルロワ(0.27ha)、ルイジャド(0.17ha)

があります。そうそうたる顔ぶれ。

 

ミュジニー グランクリュ

ワインの全体像

ミュジニーは10.8haの畑であり、3区画から構成されています。

3区画とは、レ ミュジニー(5.9ha)、レ プティ ミュジニー(4.2ha)、ラ コンブ ドルヴォー(0.7ha)です。

ラ コンブ ドルヴォーは1929年に加わった区画であり、ジャック プリウールのみが所有しています。

様々な生産者がミュジニーを所有していますが、最大所有者はその70%ほどを所有しているコント ジョルジュ ド ヴォギュエです。

 

ミュジニーはブルゴーニュを代表するグラン クリュの一つであり、ワイン愛好家や評論家から最高級の評価を受けています。

味わいの特徴として、シャンボールミュジニーの特徴である女性的な柔らかさを持ちながら、濃密な果実味と品格の高さを感じ取ることができます。

ミュジニーは、コート ド ニュイのグランクリュにおいて、唯一白ワインのリリースが認められていることも特徴として挙げられます。

 

 

ミュジニーブラン

ミュジニーの白ワインは、コント ジョルジュ ド ヴォギュエのみが生産しています。

ヴォギュエは斜面上部の泥灰土に0.3haほどシャルドネを栽培しており、ミュジニー ブランとしてリリースしていました。

個性的で、豊かでコクがあり、赤ワインの土壌から生まれたからか、タンニンの成分を感じる味わいです。

 

しかしブドウの植え替えを行い、若いシャルドネの樹になったため、1993年からはブルゴーニュ ブランに格下げしてリリースされています。

この段階で樹齢は15年。

このことからヴォギュエのミュジニー ブランとしての品質へのこだわりが感じられます。

つまり15年の樹齢ではミュジニーブランにはふさわしくない、とのことなのです。

 

2015年からは再びミュジニー ブランとして生産されています。

もっとも、偉大なワインであることには変わりないのですが、全体のまとまりや複雑さが欠けるとの指摘があります。

 

楽しみ方のコツ

ミュジニーは赤白ともにブルゴーニュを代表する人気のあるワインで、人気にたがわぬ品質を誇っています。

女性的とはいっても凝縮感があり、果実の印象とミネラルの印象を強く受ける人も多いかもしれません。

香りが華やかでふくらみがありますので、大きめのブルゴーニュグラスに少しずつ注いで楽しみましょう。

赤は18度、白は10度程度にして温度が少しずつ上昇することで香りも華やかになる、という具合がいいでしょう。

また、希少性のあるワインで世界中のワインファン垂涎の的のワインです。

できればワインに集中できる環境で、事前に知識を得たうえでリラックスして楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

せっかくのワインですので、ご家庭の料理よりはレストランのシェフがここぞと力を込めた料理がいいでしょう。

渋味がしなやかですので脂身が少なめのフィレ肉をジャストに火を通し、フォンと森のキノコを使ったソースのような料理が最高ですね。

ワインバーやご家庭であれば、チーズにも合わせやすく、ワインの香りに膨らみがありますので多少個性的なブルーチーズでも合わせやすいでしょう。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。