アメリカのワインワイン用語集

ナパバレーのワイン|特徴とブドウ品種を解説

ナパバレーはナパカウンティにあり、カリフォルニア州北部のノースコーストという地方に位置しています。

ナパカウンティの生産量はカリフォルニア州全体の5%にも満たないのですが、カベルネ ソーヴィニヨンを使用した赤ワインは、世界でも最高峰の評価を受けています。

1976年のパリ テイスティングパリスの審判と呼ばれています)が契機となって、世界中にその品質の高さが知れ渡りました。

日照量にとても恵まれており、日中は温暖な気候です。それに対して夜は、太平洋からの風の影響で涼しく、ブドウ栽培に最適な寒暖差があります。

 

土壌は、火山のマグマによって造られた火成岩が中心で、強いミネラル分を含んでいます。

栽培されている品種は、カベルネ ソーヴィニヨン、メルロ、シラーシャルドネ、ピノ ノワールなど国際品種が中心です。

ナパバレーのワイン

基本はナパカウンティ

あまりにもナパバレーの名前が有名なので誤解されがちなのですが、ナパバレーはワインの全体像から言えば小地区(いわゆるサブリージョン)に分類されます。

例えばブルゴーニュでいうブルゴーニュ地方とジュヴレシャンベルタンのような関係で、ナパといえばワインの制度上は通常ナパカウンティのことを指します。

そしてナパバレーはナパカウンティの中の小地区の一つで、同じような小地区はナパカウンティに多数あるのです。

 

ところがほとんどの一般消費者は「ナパワインといえばナパバレー」という風にとらえているのではないでしょうか。

ここは押さえておきたいところでしょう。

また、ナパバレーには以下のサブリージョンがあります。

・アトラスピーク Atlas Peak (AVA)

・チャイルズバレー Chiles Valley (AVA)

・ダイアモンドマウンテン ディストリクト Diamond Mountain District (AVA)

・ハウエルマウンテン Howell Mountain (AVA)

・ロスカーネロス Los Carneros (AVA)

・マウントヴィーダー Mt. Veeder (AVA)

・オークノール ディストリクト Oak Knoll District of Napa Valley (AVA)

・オークヴィル Oakville (AVA)

・ラザーフォード Rutherford (AVA)

・スプリングマウンテン ディストリクト Spring Mountain District (AVA)

・セントヘレナ St. Helena (AVA)

・スタッグスリープ ディストリクト Stags Leap District (AVA)

・ワイルドホースバレー Wild Horse Valley (AVA)

・ヤウントビル Yountville (AVA)

 

地域の特徴

ナパカウンティは南側がサンパプロ湾と面しており、畑は緩やかな丘陵地帯と平野部にあります。

太平洋から50km程と近くに位置し、夜間には涼しい風がもたらされています。

ナパカウンティで造られるワインは、恵まれた日照量を生かし、濃厚で力強いタイプのワインが生産されています。

強い果実味が特徴的で、赤ワイン白ワイン共に新樽を使用してもバランスを取ることができます。

ワイナリーはおおらかな雰囲気でほとんどすべてのワイナリーにテイスティングルームなどの一般客への開放スペースがあります。

中には高級ホテルを併設しているところもあり、その営業手法は世界の模範となっています。

 

主な生産地域

ナパといえばナパバレーを表すと考えるほど、ナパ カウンティではナパバレーがワイン生産の中心地です。

ナパ バレーは、長さが約50km、幅が広いところでも8kmという細長い産地であり、東にマヤカマス山脈、西にヴァカ山脈に囲まれた渓谷です。

 

そのナパバレーの中で重要な産地は、ラザフォードやオークヴィルです。

ラザフォードは栽培面積の2/3がカベルネ ソーヴィニヨンであり、カリフォルニアでカベルネ ソーヴィニヨンの聖地として知られています。

オークヴィルはカリフォルニア ワインの父として有名な、ロバート モンダヴィ氏がワイナリーを設立した地です。

スクリーミングイーグルやハーラン エステートなどの高級ワインを産するワイナリーが畑を所有しています。

 

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。