ワイン用語集フランスワインシャンパーニュ地方

シャンパーニュのNM(ネゴシアン マニピュラン)とは?

シャンパーニュのラベルにあるNMとは、ネゴシアンマニピュラン(NEGOCIAN MANIPULANT)の略です。

ブルゴーニュにもドメーヌという言葉に対比するようにネゴシアンがありますが、シャンパーニュでもほぼ同様に使われていると考えていいでしょう。

ただし、ブルゴーニュのネゴシアンは様々な種類(AOC)のワインを造るのに対して、シャンパーニュの場合は大手シャンパンメーカーが限られたブランドを大量に造るところに違いがあります。

 

逆に、小さなシャンパンメーカーで栽培から醸造、瓶詰めまでを行うメーカーをRM(レコルタンマニピュラン)と言います。

 

ネゴシアンマニピュラン

ブドウ栽培を他者に依頼

ネゴシアンマニピュランは、ブドウ栽培を行わずにブドウを買い付け、それを醸造、熟成させ瓶詰めするシャンパンメーカのことです。

もっとも、使用するブドウには自家栽培のブドウも含まれていることもありますが、割合としては決して多くはありません。

NMは、大手シャンパンメーカーが品質を高く保持し、さらに、大量に造るためにあみだされた共同作業のようなものと考えていいでしょう。

有名なドンペリのモエエシャンドンも、ヴーヴクリコも、ポメリーもすべてNMです。

 

大量に造るには技術が必要

シャンパーニュは、栽培してシャンパン方式で醸造し、瓶詰めをしますが、特殊な製法のため設備投資に多額のお金が必要になります。

さらに、世界的なメーカーが多いため、世界中から押し寄せる需要の嵐にこたえるため、大量に造って大量に売るという経済的技術も必要になるのです。

大量に造るとなると、どうしても”大量消費型=品質が並”というイメージがありますが、ではドンペリは並質かといえばそうではありません。

NMのすごいところは、大量に造るのにも関わらず品質が高いところなのです。

 

シャンパーニュのブランド意識

 

シャンパーニュを飲むときに、よほどのワインファンでなければ聞いたことのないRMよりも、聞いたことのあるNMのほうが心が躍るものです。

これは、長い期間をかけてシャンパーニュのブランディングの結果といえます。

日本の結婚式でドンペリが出てくれば「おお!」となるかもしれませんが、聞いたことのないRMがふるまわれてもほとんどの人には価値が伝わりません。

ワインに詳しくない方にも心を躍らせることができるのは、やはり大手メーカーのなせる技で、これはいくら美味しくても小さなRMはかなわないのです。

 

RMにも、NMにも、それぞれメリットとデメリットがありますので、それらを押さえたうえでシャンパン選びができれば、それが最高ではないでしょうか。

 

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

弊社運営のオンラインショップのご案内

ワインの教科書は、

オンラインショップ”ワインブックス

を運営しています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、お立ち寄りください。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ワインブックスへ→