クリスマスワインを楽しむための知識自宅で楽しむワインイベントとワイン

クリスマスとワイン|チキン料理に合わせやすいワインの具体例

クリスマスは、自宅にせよレストランにせよ、チキン料理は鉄板でしょう。

クリスマスパーティーでもいいですし、デートでレストランでのチキン料理もいいですね。

ワインファンにとっては、クリスマスのチキン料理にワインを合わせるのも大きな楽しみですよね。

特別な日には特別なワインを…と、ワインを選ぶ目にも力がこもります。

華やかでありながらも、どこか素朴なクリスマスのチキン料理に合う最高のワインを見つけましょう。

 

ここでは、代表的なチキン料理を紹介し、それに合わせてお勧めのワインを紹介します。

 

 クリスマスのチキン料理

クリスマスのチキン料理として一番に思い浮かぶのが丸鶏のローストです。

インパクトと華やかさがありますが、さすがに丸鶏はデートには不向きでしょうから、この場合はクリスマスパーティーがいいですね。

大勢でわいわいとフライドチキンを囲むクリスマスも素敵です。

和のニュアンスをくわえた照り焼きローストチキンもしっとりとした大人の雰囲気をかもしだします。

一方、デートであればレストランや自宅でチキンの煮込みやソテーなどをいただくことも多いでしょう。

メインディッシュであればソースや付け合わせもせっかくなのでこだわりたいところです。

この場合は、チキンをソテーしたりローストしたり、煮込みであっても味わいは大きく変わります。

チキンはそれ自体はたんぱくな味わいなので、外部の影響を受けやすいのです。

 

 

チキン料理とワインを合わせよう

丸鶏のローストにシャンパーニュ

では、それらのチキン料理に合わせやすいワインとはどのようなものでしょうか。

スパイスとハーブがしっかり効いた丸鶏のローストには、それに負けない華やかさを持つシャンパーニュを合わせたいものです。

口の中にじゅわっと広がるチキンの旨味をシャンパーニュの細やかな炭酸が優しく流し、ハーブ、スパイスとワインの香りがふわりと鼻を抜けていく様はまさに特別な瞬間です。

ロースト料理は基本的に肉のうまみを閉じ込めてそのまま味わうものが多いので、仮に赤ワインであっても軽めのワインがいいでしょう。

 

フライドチキンにブルゴーニュの白ワイン

では、フライドチキンではどうでしょうか?

クリスマスであれば、奮発して樽熟成させたブルゴーニュのシャルドネも忘れることができません。

シャンパーニュが華やかさを演出するなら、ブルゴーニュのシャルドネは円熟した雰囲気を生みます。

 

家族みんなで楽しむことができるフライドチキンには、もう少し砕けた雰囲気なので、飲みやすい白ワインもいいでしょう。

ソーヴィニョン・ブランやリースリングのように果実味と酸味を高いレベルで調和させた白ワインが合います。

 

もう少しワインに甘みが欲しいと感じる場合は、スパークリングのロゼもフライドチキンにぴったりです。

 

 

チキンの照り焼きにピノノワール

醤油や味噌を使った照り焼きのローストチキンには、ピノノワールを合わせましょう。

この場合は生産地域はこだわらなくてもいいでしょう。ブルゴーニュもニューワールドもよく合います。

照り焼きは深みとコクがあるので、重すぎず軽すぎない赤ワインを合わせることでワインと料理が調和します。

落ち着いた照り焼きの風味が、ピノノワールの可憐さをぐっと引き立ててくれるでしょう。

 

 

もう少しカジュアルな味わいを求めるなら、イタリアのキャンティフランスカオールで決まりです。

高級ワインですが、スーパータスカンと呼ばれている、キャンティには属さないけれどサンジョヴェーゼを使ったワインは特別感も強くクリスマスを忘れられない一日にしてくれます。

 

レストランの高級料理には・・・?

クリスマスはフレンチレストランやイタリアンにとっては一番のかき入れ時ですが、チキン料理がメインに出ることも少なくありません。

前述までの料理と違い、チキンそのものは淡泊な味わいではありますが、シェフの腕によって変幻自在に印象が変わることも多いでしょう。

そのため「チキンだから〇〇」とおもってワインを選ぶと思わぬ失敗をすることもあるかもしれません。

ここでは素直にお店の料理とワインを知り尽くしたソムリエさんに正直に相談しましょう。

 

 

多様性に富むチキンとワインのマリアージュ

ここではチキン料理に合わせやすいワインをご紹介しました。

チキンは多様な調理法がありますので、ワインもおのずとセレクションの幅が広がります。

そのためクリスマスのチキン料理は様々な種類のワインとのマリアージュが可能なのです。

 

①もしセレクトに迷ったらシャンパーニュか、イタリアのフランチャコルタがいいでしょう。

②フライドチキンのような気軽な料理には軽めの白、もしくはロゼ

③醤油風味の照り焼きにはキャンティなどのトスカーナのサンジョベーゼカオールもいいでしょう

④レストランでの高級料理の場合はソムリエに相談してお勧めをしてもらうのがベスト

 

この辺りをご参考ください。

 

多様な組み合わせの中から、あなたが好むものを見つけるのもクリスマスの醍醐味でしょう。

特別なクリスマスの夜、自由な気持ちであなただけのマリアージュを楽しんでください。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。