ワイン用語集

ウイヤージュとは?ワインの目減りの補填

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ウイヤージュ(OUILLAGE)は樽熟成されたワインの目減りした分をベースワインで補填をすることを言います。

木樽はその特性から、無数の細かい穴があり、ここからワインは水分を蒸発させます。

そうなると木樽の上面とワインに空気の層ができてしまい、これが過度の酸化促進を促してしまいます。

これを防ぐ目的で目減りの補填をし、ワインの酸化を防ぐのです。

 

もともとワインは樽で運搬されていて、抗酸化物質も添加されていませんでしたので劣化が激しく、すぐに色落ちして風味も変化してしまっていました。

これに悩まされたワイン生産者が考え出した手法といわれています。

 

もっとも、ワインの酸化は悪い面だけではなく、例えばシャトーシャロンなどのヴァンジョーヌやスペインのシェリーウイヤージュは行わず、これによって逆に酸化促進をさせ、独特の風味をもたらします。