サイト移転のお知らせ

ワインの教科書は、サイトコンテンツを順次移転することとなりましたので、ご報告します。

ワインの教科書は2020年3月ころから急激にPVを上げ、20万PVに迫るところまでとなりました。

しかし、これと同時にウェブ上の攻撃(多くはクロールによるDOS攻撃)も増え、セキュリティの観点から弊社サイトワインブックス(WINEBOOKS.jp)に一元管理することが合理的と判断したものでございます。

長年慣れ親しんだサイトではございますが、今後はワインブックスのトップページの赤枠にコンテンツを順次移転する予定でございます。

ワインブックストップページはこちら(上の画像の赤枠をクリックしてください)→

各記事に関しましてはすでに部分的にリダイレクトを行い、自動的にワインブックスのサイトに誘導するようにしております。

「ワインの教科書」内のコンテンツもできる限りワインブックスに移転する予定ではございますが、運営管理の都合上、すべてのコンテンツを移転する予定ではございません。

ユーザーの皆様には、ご不便をおかけしますが、なにとぞご理解くださいますようお願いいたします。

 

コンテンツを簡易翻訳します。

最新記事

ローヌ地区・ローヌ地方のワインとは?全体像とその特徴

ローヌ地区(RHONE)は、フランスのローヌ川流域に広がるワイン産地です。 ローヌ川はアルプスからフランスに入 […]

芸能人格付けチェック2020年!ワインはラトゥール1959

お正月の人気番組「芸能人格付けチェック!2020お正月スペシャル」。 毎回登場する一流とされる芸能人や有名人が […]

AOCブルゴーニュ・コートドールとは?特徴と全体像

AOCブルゴーニュ コート ドール(BOURGOGNE COTE D’OR)は、フランスのブルゴー […]

ニュースをすべて見る

世界のプレミアムワインの価格動向

プレミアムワインの世界の価格推移です。

世界中の主なサイトの価格を平均し、日本円で表示しています。そのため日本の流通価格とは違うこともあります。

わかりやすくするためヴィンテージなどもふくめて一緒くたに平均値を出しています。

当サイトの選定したサイトの値ですので、ご参考程度にとどめてくださいますようお願いいたします。

 

 

世界のプレミアムワインは2017年から断続的に価格が上がり、特に一部の特級ワインの高騰が目立ちます。

これは最高値圏がいつ来てもおかしくないということでもあり、世界経済の失速をにらんで買い控えが始まる可能性があるということでもあります。

特に投機目的(転売目的)のご購入は慎重にするべきでしょう。

【2020年5月の価格動向アップデート】

新型コロナの影響で国際経済が低迷していますが、全面安とはなりませんでした。

2020年2月ころまでの高値が異常だったと考えれば、ボックス相場に移行するとの見方もできます。

今後しばらくは価格調整機に入ると思われますので、高級ワインをご購入の際は念のためご注意ください。

 

ブルゴーニュワインの価格推移をみる
 

 

ボルドーワインの価格推移をみる

 

 


シャンパーニュの価格推移をみる
 

そのほかのワインの価格推移をみる

 

 

【コンビニワイン 人気ランキング】

ワインは決して高級なプレミアムワインばかりではありません。

コンビニやスーパーのワインは日本のワイン文化のすそ野を確実に広げています。

コンビニワインの人気ランキングに、ユーザーの皆様もお気軽にご参加ください。



ランキングページはこちら→

フェイスブックページのご紹介

ワインの教科書は、フェイスブックで定期的にユーザー様のワインライフにお役に立てる記事をご紹介しています。

フォローいただくことでタイムラインに記事が表示されるようになります。

タイムラインに紹介される記事は、ソムリエ試験の一次試験が終わるときを目安に、毎年9月から翌年8月をひとつのサイクルとしています。

是非ご活用ください。

 

 

 

【みんなのワインブログのご紹介】

ワインの教科書は、お飲みになったワインやコレクションのワインをだれでもご紹介いただけるようになっています。

ご自宅飲みのワイン、コレクションのワイン、レストランやワインパーティーなどでお飲みなったワインをぜひご紹介ください。

 

また、記事をお読みになったら気軽に意見を投稿できるようになっています。

みんなのワインブログの投稿の仕方はこちら→

 



 

人気記事ランキングのつづきはこちら→

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者の管理人が(サイト管理人はこの人→)、ワインの楽しみ方と、ソムリエ試験の全体像をご紹介しています。

 

 

ABOUT SOMMELIER

ワインを楽しむためにソムリエ、ワインアドバイザー(ソムリエに併合)、ワインエキスパートの資格保有者を目指す方も少なくありません。

ワインは単純に漠然とした好き嫌いよりも、少しでも知識があるほうが楽しみは広がり、深くなります。

ソムリエ試験の過去問は、最新の

2017年度

をご参考ください。

2018年度から試験問題が受験者個別に自動的に選択されるシステムに変更になりましたが、問題の難易度と傾向に変更はありません。

そのため過去問に関しては、まずは難易度の把握として2017年をじっくりとご覧ください。

問題文にリンクが張ってある場合、クリックで説明の個別ページに移動します。

テイスティング試験については

ワインのテイスティング|初心者がコツをつかむための具体的手法

二次試験のテイスティングで得点するコツ

をご参考ください。

また、ソムリエ試験に関しては以下のコンテンツをご参考ください。
ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール

ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について

ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?

ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?

 

 

 

ワインはし好品ですから、極端な表現をすれば

「他人がどういおうが好きなワインを楽しめばいい」

ということになります。

しかし、全くの自己流では方向そのものを見誤り、

結果として本来であれば得られたであろう喜びを失う可能性もあります。

ほんの少しの知識があなたとワインを最高の楽しみ方に導いてくれます。

 

 

BOURGOGNE

ワインを知ると、ブルゴーニュワインに強烈に惹かれるタイミングがあります。

少しの知識があることで、ブルゴーニュワインをより楽しく味わえます。

ブルゴーニュワインの基礎知識|産地とブドウ品種、特徴

ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう

ワインのドメーヌとは?シャトーやネゴシアンとの違いは?

ブルゴーニュワイン 生産者・ドメーヌの一覧(追加中)

 

CHAMPAGNE

シャンパーニュは、世界で最も成功したスパークリングワインの産地とともに、世界の宴席で最も愛されているワインでもあります。

強烈なシャンパーニュファンも多く、中にはシャンパーニュしか飲まないというコアなファンもいるほどです。

シャンパーニュのメゾン・生産者一覧

シャンパーニュ地方のワイン|基礎知識と全体像を知ろう

シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説

シャンパーニュのNM(ネゴシアン マニピュラン)とは?

シャンパーニュのRM(レコルタン マニピュラン)とは?

 

BORDEAUX

ボルドーワインは、世界で最も広大で経済的価値の高いワイン産地です。

ワインの楽しみを広げようとする場合に、必ず知っておくべき知識を押さえておきましょう。

ボルドーのシャトー一覧

ボルドーワインの基礎知識|生産地域を押さえよう

ボルドーワインの歴史|現在までの流れをざっくり解説

 

 

FOR SHOPS

このサイトをご覧の皆様には釈迦に説法ではございますが、私の経験をもとにお店の人向けの記事をご用意しました。

レストラン・ワインバーの開業|なんの許可が必要なの?

ワインバー・レストランの接客|見極めよう!カップル客のパターン

レストラン・ワインバーでのソムリエとの接し方は?

ワインのサービス温度|おいしい飲み方をソムリエ的に検討!

良いワインリスト作成とは?ソムリエさん必見のマーケティング術

 

 

THE WINE-BAR,AND RESTAURANT

ソムリエ世界チャンピオン エンリコ・ベルナルド氏↑

ワインバーやレストランの楽しみ方は、ほんの少しの予備知識があるだけで楽しみ方はぐっと広がります。

ご利用の目的はそれぞれあると思いますが、ここではケース別に分けてご紹介しています。

ワイングラスの持ち方とワインの回し方

ワインバーのデートの服装|始めてのお店の場合は何がベスト?

一人でワインバー|大丈夫なの?利用するときのポイントは?

ワインバーで女子会!|お店選びのコツとポイントは?

BYO|ワインバーにワインを持ち込んだら嫌われるよね?

ワインバーのマナー|100%楽しむための5個のポイント

ワインバーを接待に使う場合のポイントと注意点

などを合わせてお読みください。
より一層楽しみが広がります。

ワインは「香りや味わいが好き」という人も多いですが、同時に心理面が大きく影響を与える飲み物です。
高名な評論家が誉めれば、なんとなく「これがおいしいワインなんだ」と思ってしまうものでしょう。
しかし、いくら評論家が高い点数をつけても、あなたにとってのワインの価値があがることはありません。
もちろん評論家や雑誌の評価は一つの指標にはなりますが、少しの知識があることであなた自身がワインに点数をつけられるようになります。