ワイン用語集

剪定の棚仕立て(ぺルゴラ)とは?

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

棚仕立て(ぺルゴラ)はブドウ樹の剪定の一つです。

上の写真のように棚のような段を高くとり、枝を派生させる手法です。

棚仕立ては日本や特に日差しの強い南イタリアやポルトガルなどで採用されています。

人間が作業しやすく、かつ見た目にもブドウの果実の成っているところを把握しやすいので生食用に向いています。

日本の場合は特に雨量が多いので地表に降雨した場合に土の跳ね返りがありますが、棚仕立ての場合は枝を高く取りますので土がそこまで届金井という利点があります。

逆に枝の部分が長いのでブドウの果実に養分がいきわたらないというデメリットもあります。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→