ワイン用語集セパージュ

ピノブランとは|品種の特徴と生産地域

ピノ ブラン(PINOT BLANC)は、フランスアルザス地方を起源にもつ白ブドウ品種です。

黒ブドウであるピノ ノワールの変異種として知られており、「黒のピノ」という意味を持つピノノ ワールに対して、ピノ ブランは「白のピノ」という意味を持ちます。

ピノ ノワールは遺伝子的に不安定であるため、様々な変異種が生まれています。

 

ピノ ブランは粒が小さく、比較的冷涼な気候を好む白ブドウ品種です。

個性はあまり強くはありませんが、クリーンな酒質を持ちますので、テロワールや生産者の方針を映し出す鏡として幅広く使用されています。

酸味がしっかりとしているので、スパークリング ワインの原料としても使用されています。

 

ピノブランのシノニムは、こちらをご参考ください。

 ワインの教科書
https://wine-kyokasyo.com/synonym-pinot-blanc
ピノブランはもともとシャルドネの亜種と言われていましたが、現在では完全に独立した品種として認められています。歴史のある品種ですが、特徴に乏しく栽培面積は減少しています。 PINOT BLANC WEISSER BURGUNDERWEISSBURGUNDERWEISSER KLEVNERCLEVNERWEI...

ピノブラン

品種の特徴と生産地域

ピノ ブランを使用した白ワインは、白い花や柑橘、洋梨などの柔らかな香りが特徴的です。

しっかりとした酸味を持ち、穏やかな果実味に程よい苦みがアクセントとなっています。

かすかに甘みが感じられるバランスの白ワインが多く、お食事に寄り添いやすい酒質を持ちます。

 

 

ピノ ブランの主な生産地域としては、まずはフランスを挙げることができます。

ブルゴーニュやシャンパーニュなど冷涼な気候の地域で栽培されていますが、最も多く栽培されているのはアルザス地方です。

アルザス地方の指定4品種には選ばれていませんが、品種表示ワインの一つとされており、重要視されています。

ピノ ブランは単一品種で生産されることもありますが、リースリングなどとブレンドされることも多く、またクレマン ダルザスとしてスパークリング ワインの原料となることもあります。

 

その他の地域では、ドイツやイタリア北東部、スペイン、オーストリアなどでも栽培されています。

ドイツではヴァイスブルグンダーとして広く栽培されており、世界のピノ ブラン作付面積で1位となっています。

主にバーデンやザクセンで栽培されており、辛口で品質の高いワインが生産されています。

イタリアやスペインでは主にスパークリング ワインの原料として使用されています。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。