ワイン用語集セパージュ

ピノグリとは?品種の特徴と生産地域

ピノ グリは、ピノ ノワールの変異種であるブドウ品種です。

果皮が灰色がかっているため「グレイのピノ」という名前が付けられています。

ピノ ノワールは遺伝的に不安定であるため、様々な変異種が存在しているのです。

原産地はブルゴーニュとされていますが、現在はブルゴーニュではあまり栽培されておらず、フランスではアルザス地方を中心に栽培されています。

また、イタリアではピノグリージョと呼ばれ、カジュアルに飲めるワインとして世界的にも人気のワインです。

 

 

ピノグリのシノニムは、こちらをご参考ください。

 ワインの教科書
https://wine-kyokasyo.com/synonym-pinot-gris
ピノグリは甲州と同じでピンク色の果皮をしていて外観ですぐにそれとわかります。テイスティングではここをグレーグリーンと見破らないと得点できません。ヨーロッパを中心に各国で栽培されていて、シノニムも多いです。 PINOT GRIS PINOT BEURROT(ブルゴ...

ピノグリ

品種の特徴

ピノ グリは樹勢は強く、石灰質で水はけの良い土壌を好みます。比較的冷涼な気候に適しており、冬の寒さに耐えることができます。

ピノ グリは糖度が上がりやすいため、遅摘み甘口ワインや貴腐ワインも生産されています。逆に収穫を早め、軽くフレッシュな辛口ワインを造ることもあります。

 

ピノ グリはグリ系品種の中でも比較的濃い色合いの果皮を持つため、ピノ グリを使用したワインの外観も濃いめの色合いのものが多くあります。

外観は黄色がかった濃いめの色合いで、香りはフルーツや蜂蜜など華やかに広がります。味わいでは果実味が強く感じられ、コクのあるボディとバランスの良い酸味が特徴的です。

 

主な生産地域

ピノ グリは人気のあるブドウ品種であり、近年栽培面積が広がっており、世界中で様々な名前で栽培されています。

主な生産地域としては、フランス、イタリア、ドイツが挙げられます。

 

フランスはプロヴァンス、ブルゴーニュでも栽培されていますが、中心はアルザス地方です。

アルザス グラン クリュでの栽培も認められている主要な品種であり、極甘口~辛口まで様々なタイプのワインが生産されています。

ハンガリーの商人がブルゴーニュからアルザスへピノグリを持ち込んだとされており、ハンガリーを代表するワイン産地から、ピノグリはアルザス トカイとも呼ばれていました。

イタリアでは主にフリウリ ヴェネツィア ジューリア州など北部で栽培されています。

ステンレスタンクを使用した、比較的軽やかでフレッシュなタイプが多く生産されています。

 

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。