フランス地方料理

ピサラディエールとは?特徴と合わせるワイン

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ピサラディエールは南フランス、ニースで食べられる地方料理です。

パン生地を薄く伸ばしたピザのような記事を焼き上げ、その上に玉ねぎやニンニク、アンチョヴィ、クロオリーヴなどの南フランス特有の食材を盛り付けます。

家庭でも造られますが、スーパーや総菜屋さんで切り売りされていて、日本でいえばファストフードのような感覚で食べられています。

 

旅行で南フランスに行くと、いつもレストランの食事では飽きてしまうこともありますが、そういう時はぜひ思い出したように探してみてはいかがでしょうか。

気軽な印象の料理なので、コートドプロヴァンスのロゼがベストマッチでしょう。

もちろん、ワインというよりもビールを飲みながらテラスで食べて、南フランスの海岸線を眺めながらゆったりとした時間を過ごすのもいいですね。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→