みんなのワインブログ

マノワール グリニョン カベルネ シラー 2017 まだ投稿がありません。

POSTED BY ワインの教科書
ユーチューブチャンネルもご覧ください→

食後に、さまざまなデザートチーズを食しつつ、ワインを楽しむ機会が増えてきました。

そんな中で、美味しくて購入をリピートしたのが、4種類のナッツとクリームチーズの合わさった一品。

様々なワインと相性がよくて、いま一番のお気に入りのチーズです。

そして本日、そのチーズに合わせるワインは「マノワール・グリオンカベルネ・シラー2017」。

アルコール度数は13.5%の、金賞受賞ワインです。

フランスのワインの中で、オススメのものをお店の方に聞いた際に教えていただいた1本。

普段からカベルネのワインをよく飲んでいるけれど、シラーが加わっての変化に興味津々で持ち帰りました。

冷やしてからいただきます。

最初に感じるのはタンニンの重みであり、スパイスと共に口の中に流れ込んでくるけれど、止まることなく気づけば果実の甘みが濃く現れていて、またそれもスッと通り過ぎていきます。

舌には果実味の印象の方が強く残り、シラーだけど飲みやすく、次々と口に含みたくなる味わいです。

果実の甘みがデザートチーズとも好相性。

なんともステキなペアリングです。

田舎に住んでいるため、網戸を隔てた草むらから、沢山の虫たちの綺麗な音色を堪能しながらの夜のひと時。

秋の味覚の葡萄を堪能したい時に栓を開けるのが、オススメのワインです。

濃いタンニンと軽やかなスパイス、鮮やかな果実の味わいが、季節を楽しませてくれます。

心地いい虫の音を聴きながら、私のお気にいりリストに加わったとワインとチーズを前にして、ごきげんな秋の夜でした。

【あなたの感想を聞かせてください】

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。