みんなのワインブログ

モンサン シャルドネ 山形県産100% ブラン 4/5 (1)

POSTED BY iwagami

主人と一緒にワインを楽しみたくて、主人が好みそうな甘口のワインを探しにワインが揃うお店へ行きました。

私は白ワインが飲みたい気分。

今まで飲んだ種類は少ないながら、シャルドネが好きだと思えるようになってきた私は、「白ワインシャルドネ・甘口」をキーワードに、ワインがびっしりと並ぶ棚を見て回りました。

そうして見つけたのが、国産ワインの棚にあった「モンサン  山形シャルドネ100%/ブラン」です。

山形県米沢市にある、浜田株式会社で作られたもの。

ラベルに描かれた、ポップなお猿さんの絵に使われているゴールドによく似た、黄色みの強い色合いの白ワインです。

ビンの中には、山形県で育ったシャルドネの果汁が詰まっているかと思うと、国産のシャルドネが初めてなので期待が高まります。

「やや甘口」の表示があり、さらりとした甘みを予想しながら、スクリューキャップを開けました。

グラスに注ぎ入れ、鼻を近づけると、濃縮された甘いシャルドネの匂いがふんわりと香ります。

口に含むと、渋みがしっかりと感じられ、甘みは感じづらく、どちらかというと「やや辛口」といった印象。

爽やかな美味しさです。

今日の夕食のメニューは、甘酢あんで食が進む酢鶏。

甘酢あんの後にゴクリとワインを飲むと、渋みよりもシャルドネの甘みが感じられて飲みやすく、スルスルと喉の奥へと流れていきました。

一緒に食べるものによってワインの味わいに変化が生まれて、またそれも嬉しいですね。

山形県の郷土料理と一緒に飲むのも素敵だなぁと、夫婦で妄想が膨らむ楽しい夜になりました。

投稿者プロフィール

iwagami
お酒を飲むのが好きで、昔からよく飲む方ですが、最近はワインが好きな友人の影響を受けて、ワインをよく飲むようになりました。飲めば飲むほどワインについていろいろ知りたくなり、結果「ワインの教科書」に辿り着きました。まだまだ初心者で、手軽な価格のワインにしか手が出せませんが、私の備忘録として投稿します。よろしくお願いいたします。
  • : ~1000円
  • : 自宅飲み
  • : 4

感想を聞かせてください


”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です