みんなのワインブログ

モンサン シャルドネ 山形県産100% ブラン 4.473/5 (3)

POSTED BY ワインの教科書
ユーチューブチャンネルもご覧ください→

主人と一緒にワインを楽しみたくて、主人が好みそうな甘口のワインを探しにワインが揃うお店へ行きました。

私は白ワインが飲みたい気分。

今まで飲んだ種類は少ないながら、シャルドネが好きだと思えるようになってきた私は、「白ワインシャルドネ・甘口」をキーワードに、ワインがびっしりと並ぶ棚を見て回りました。

そうして見つけたのが、国産ワインの棚にあった「モンサン  山形シャルドネ100%/ブラン」です。

山形県米沢市にある、浜田株式会社で作られたもの。

ラベルに描かれた、ポップなお猿さんの絵に使われているゴールドによく似た、黄色みの強い色合いの白ワインです。

ビンの中には、山形県で育ったシャルドネの果汁が詰まっているかと思うと、国産のシャルドネが初めてなので期待が高まります。

「やや甘口」の表示があり、さらりとした甘みを予想しながら、スクリューキャップを開けました。

グラスに注ぎ入れ、鼻を近づけると、濃縮された甘いシャルドネの匂いがふんわりと香ります。

口に含むと、渋みがしっかりと感じられ、甘みは感じづらく、どちらかというと「やや辛口」といった印象。

爽やかな美味しさです。

今日の夕食のメニューは、甘酢あんで食が進む酢鶏。

甘酢あんの後にゴクリとワインを飲むと、渋みよりもシャルドネの甘みが感じられて飲みやすく、スルスルと喉の奥へと流れていきました。

一緒に食べるものによってワインの味わいに変化が生まれて、またそれも嬉しいですね。

山形県の郷土料理と一緒に飲むのも素敵だなぁと、夫婦で妄想が膨らむ楽しい夜になりました。

みんなの感想

5/5

5/5

5/5

5/5

5/5

5/5

5/5

5/5

4/5

4/5

4/5

4/5

Load More

【あなたの感想を聞かせてください】

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。