みんなのワインブログ

シャトー・レ・グラン・マレショー 2007 4.2/5 (1)

POSTED BY mongol35

今回ご紹介するのは、シャトー・レ・グラン・マレショー 2007 というワインになります。料理にも定評のある武蔵小金井テラコヤの結婚式にていただきました。

シャトー・レ・グラン・マレショー 2007 

シャトー・レ・グラン・マレショーはジロンド川東岸にあるブライという地方にて生産されるワインで、ボルドーワインになります。

使用されているブドウはメルロ、カベルネ・ソーヴィニョン、カベルネ・フランというオーソドックスなものになっています。

Blaye AOC Cotes de Bordeaux

ブライエ・コート・ド・ボルドーはボルドー地区からやや北西にあるAOCで、穀物や野菜の畑とともに広がっています。土壌については粘土と石灰質の多い砂質であることから軽いワインであるとされています。2000年ごろからより厳格な認定基準が設けられ、格上のAOCになりました。

味わい

開栓をすると香りはやや弱く、レストラン内の料理の香りより目立たず、あまり際立っているとは言えません。グラスに注がれると色味は淡い赤紫色です。

一口目は酸味を感じるイチゴ、ラズベリーの味としっかりとしたタンニンを感じることができます。 

二口目以降はレストランの濃い味付けにも負けない酸味やタンニンのおかげで料理を非常に際立たせてくれます。
 

ペアリング

ペアリングに最適な料理はやはり濃い味付けのものになります。レストランテラコヤにおいては牛フィレのテリーヌでした。スパイスやハーブを使用した料理であれば、ワインの酸味やタンニンをより活かしてくれます。
 
レストランにおいてもボルドーの風を感じることができるワインをぜひご堪能してみてはいかがでしょうか。
  • : 2000円~5000円
  • : レストラン
  • : 3

感想を聞かせてください


”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です