みんなのワインブログ

レッド ブリッジ  シラーズ/ヴィオニエ 2016 4.3/5 (1)

POSTED BY suzuka

少し緊張する用事を済ませた帰りに、通りかかったお店に入りました。
今日はワイン。グラスの赤が2種類あったので、渋みが強い方を選びました。

レッド ブリッジ シラーズ/ヴィオニエ 2016

南オーストラリアのワインでミディアムボディ。ラベルには、赤い橋が描かれています。

グラスに注がれてきたワイン、色はすこし紫がかった赤で、黒が強いけれど全体に透明感のある鮮やかな色。軽やかな花の甘い香りがします。

味は、甘さを渋味と酸味が合体したようなしっかりした味が覆い、鼻が刺激された後に、香りどおりの甘さが感じられました。渋味は酸味と同化して前面には出てきませんが、舌に薄いベールがかかったように感じます。

温度は少し高めでした。それをゆっくり飲んでいると、時間とともに酸味と鼻に感じる刺激が落ち着いて、甘みと香りが増したように感じられました。

食べ物との相性は、アボガドや茹でたエビととっても合いました。また、ピンク胡椒だけをかんでからワインを飲んだら、これがすごく合いました。

香りがよかったので、シンプルな味の食べ物と合わせてワインの方をメインに楽しみました。

ゆったり飲んで、くつろぐことができました。

投稿者プロフィール

suzuka
いろいろなお酒が好きです。特に、日本酒、ワイン、カクテル(甘くないもの)が好きです。最近、飲める量が減ってきたので、一回一回を丁寧に味わいたいと思います。
  • : 知らない、わからない
  • : ビストロ、カフェ
  • : 4

感想を聞かせてください


”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です