フランス地方料理

ポテとは?特徴と材料、合わせるワイン

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ポテは、フランスの地方料理・家庭料理で、オーヴェルニュ地方やアルザス地方で主に提供されています。

しかし現在はフランス全土で作られていて、その製法も様々です。

元々はpot(ポ 鍋)から派生する名前で、その名のとおり鍋で様々な素材を煮込んでそのままいただく気軽な料理です。

 

材料は、塩漬けにした豚肉やシャルキュトリー(ソーセージやベーコン)をベースに、ニンジンやジャガイモなどの根野菜、ちりめんキャベツなどを水やフォンブランで煮込みます。

 

家庭的な料理ではありますが、ビストロなどでも好んで提供されていて、ボリュームもあって万人好みの味わいなので人気メニューであることが多いです。

 

気軽な料理なので肩ひじ張らずに楽しめるオーヴェルニュ地方のソーヴィニヨンブランか、アルザスであればリースリングなどのさわやかな味わいのワインがいいでしょう。

元々が家庭的な料理なのであまり高価なワインは味わい的にも似合いません。

テーブルワインをがぶがぶ飲みながらもりもりポテをいただくのがベストなマリアージュです。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→