自宅で楽しむワイン

ワインを贈答用・プレゼントで買うときのポイント

ひょっとしたらあなたはワインを誰かにプレゼントしようと考えているのではないでしょうか。

あるいはなんとなく「ワインをプレゼントっておしゃれだなあ」と考えているのかもしれません。

ワインは放っておいてもすぐに悪くなるものではありませんし、もにによっては何年も熟成させることが可能です。

また、ワインによってはラベルがかわいらしかったり、ネーミングに意味合いがあったりという背景があり、これが贈答用・プレゼントとしてぴったりなのです。

もっとも、ワインは受け取る側の好みの問題もありますし、やはりセンスがとわれるのも事実でしょう。

「あの人のほうが詳しかったらどうしよう」

「センス悪いと思われたらいやだなあ」

こう思うのも仕方のないことかもしれません。

 

私は長年ソムリエとして勤務し、お客様から同様の質問にも多く答え、実際にアドバイスをして好評を得た経験をもとに、ワインを贈答品・プレゼントで送るときに気を付けるポイントをご紹介します。

是非ご参考ください。

 

ワインを贈答用・プレゼントに買う

相手の好みを探ろう

当たり前ですが、例えばワインを贈る相手がワインに全く興味がない場合は送っても意味がありません。

普段ビールしか飲まない相手にいくら「健康にいいから」と贈っても面倒くさいなあで終わってしまうかもしれません。

また、仮に興味があった場合でも全くのノーリサーチでワインを選ぶのはさすがに難しいでしょう。

赤ワイン白ワイン、スパークリングのどれが好きか

・どこの国のワインが好きか

・どの程度のワインの知識があるのか

最低限この程度はなんとなく聞いておくことがマナーというものでしょう。

ワインが好きな方の場合、好みに偏りがあることも多いので、ワインを選ぶ前から気づかれないようにリサーチしましょう。

 

無難なものは、やはりフランスワイン

そのうえで、あまり予備知識がなく、さらにあなた自身にも選ぶ自信がない場合は、やはりフランスワインが贈答用には無難だと思います。

フランスの中でもブルゴーニュ、ボルドーシャンパーニュであればある程度どこのワインショップでも取り扱いがありますし、ソムリエさんも知識を持っているものです。

逆に、あまりにもレアな地域のワインにこだわりがある人であれば、その地域のワインを扱っているワインショップを探すのが一苦労です。

アドバイスをする側のソムリエさんも予備知識がないことも多いので、それであれば喜ばれやすいブルゴーニュやボルドーのワインがやはりいいなあということになるのです。

 

シチュエーションを考えよう

異性のガールフレンド、ボーフレンドであれば、例えばクリスマスや誕生日にワインを贈るということも多いでしょう。

また、合格祝いや就職祝いなどのときもワインは贈答品・プレゼントとして重宝します。

しかし、これらの場合に、例えばロマンチックなエチケットのワインを就職祝いに送ったりすればなんか裏がありそうだと構えられてしまうかもしれません。

クリスマスのお祝いなのにボーイフレンドが「このワインは新進気鋭の生産者がビジネスで成功して・・・」なんて講釈を述べられてもせっかくのクリスマスなのに、という気分になるのが人情でしょう。

ワインは味わい以外に造られた背景やそのラベルにも様々な意味が含まれています。

最低限シチュエーションとプレゼントする目的ははっきりさせたうえで選ぶようにしましょう。

 

生まれ年のワインを贈る

恋人やお世話になった人に生まれ年のワインを贈るのも喜ばれるセレクトです。

ただし、この場合は20年以上も前のワインであることも多いので、そうなるとある程度の価格のワインである必要があります。

ワインは熟成に向くようにできていますが、長い熟成に向くワインはある程度の価格のワインがほとんどです。

一本2000円程度のワインは数年のうちに飲まれることを予定して造られますので何十年も熟成させるのは不向きなのです。

さらに、何十年も前のワインを適切に保管するのは、それだけ場所代や時間代がかかるので結構な金額になることがほとんどです。

生まれ年のワインということにこだわりがあるのであれば、スペインのリオハやヴィンテージポートなどは比較的価格も抑え目なのでお勧めです。

 

信頼のできるところから購入しよう

ワインは、ワインショップでも通販サイトでも買うことができますが、最も重要なのは信頼できるところから購入することでしょう。

夢のない話をして申し訳ないのですが、世界一高価なワインとして有名なロマネコンティは、「いくらでもいいから買う」という成金趣味の顧客が多いため、転売が重なり、その結果まともな保管をしていないものも多いのです。

様々な人の手に渡り、いざ実際にワインを飲むと、コンディションが悪く、最悪な場合、まがい物であることもありえます。

ロマネコンティでなくても、ワインショップや通販サイトには、ワインの取り扱いやセレクトの実力に大きな差があります。

「このお店は安いけど、なんとなく信頼できない」

「この通販サイトは見た目はきれいだけど、なんか薄っぺらい」

という直感は当たるもので、こういう場合は避けたほうが無難です。

ワインショップにせよ通販サイトにせよ、いきなり初回で贈答用のワインを買うのではなく、最初は日常消費型のワインを購入し、その時の印象で判断するのがベストでしょう。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。