ワイン用語集フランスワインブルゴーニュのドメーヌブルゴーニュ地方生産者

レミジャニアールとは?特徴と歴史、基礎知識

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

レミジャニアールはモレ サン ドニを拠点とするドメーヌです。

モレ サン ドニのグランクリュであるクロ ド ラ ロッシュを含む6.1haを所有しており、ジュヴレシャンベルタンやシャンボール ミュジニーにも畑を所有しています。

レミ氏は父のマルセル氏から栽培は学びましたが、瓶詰めはやっていませんでした。

何とか瓶詰めまでを行いたいと、親友であるオリヴィエジュアン氏からの助言を聞き、学んでいきました。

オリヴィエ氏はモレ サン ドニで若手のホープと言われている生産者であり、レミ氏と親交があり、頻繁に意見交換し合い切磋琢磨しています。

レミジャニアール

モレサンドニドメーヌ

レミジャニアールの畑は古樹中心で、化学肥料は一切使用せず、ビオロジーのリュットレゾネ栽培を採用しています。

剪定をしっかりと行い収量を抑え、発酵は天然酵母のみで行います。

清澄とろ過は行わず、樽熟成も12か月と短めです。

レミ氏は「モレの最大の美点はミネラルにある」と語っており、そのミネラル感を生かしたワイン造りを行っています。

収穫したブドウは、自社元詰めだけでなく、アランジャニアールやフレデリックマニャンなどのネゴシアンにも販売しています。

 

ワイナリーの歴史

レミ氏の父親のマルセル氏が、ジャニアール マルセルというドメーヌでワイン造りを行っていました。

1983年には5番目の弟のヴァンサン氏が、他のワイナリーへ修行に行き、2000年に独立し自身のドメーヌを立ち上げています。

2004年、マルセル氏の引退に伴い、長男のレミ氏と次男が分割して相続しました。

そのレミ氏が独立してつくったのがレミ ジャニアールです。

2005年には新しい醸造所が完成し、高品質なワインを造り続けています。

 

レミ氏は、ドメーヌを継承した時点ですでに20年以上の経験があったので、ファーストヴィンテージから父の代と変わらず高い評価を得ています。

またレミ氏は「自分が毎晩飲みたいワイン」を理想としており、価格帯も手が出しやすく、そのコストパフォーマンスの高さでワイン愛好家の注目を集めています。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→