ワイン用語集フランスワインシャンパーニュ地方

ルミュアージュとは?瓶を少しずつ傾けてオリを集める

シャンパーニュ地方のワイン用語でルミュアージュ(REMUAGE)とは、酵母の残骸を瓶の口に集めるための作業を言います。

シャンパーニュは瓶何二次発酵をさせてワインを発泡性にするのですが、瓶内で発酵をさせると当たり前ですが酵母の残骸が瓶の中に残ってしまいます。

そうなると炭酸ガスによって酵母の残骸が浮遊してしまい、見た目にもよろしくありません。

そのため少しずつ瓶を傾けて酵母の残骸を瓶の口に集め、除去するのです(除去する工程をデゴルジュマンと言います)。

この作業(瓶を少しずつ傾けること)そのものをルミュアージュと言います。

この製法は、ヴーヴクリコの醸造長が開発したとされています。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。