ワイン用語集フランスワインローヌ地方

ローヌ地区・ローヌ地方のワインとは?全体像とその特徴

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ローヌ地区(RHONE)は、フランスのローヌ川流域に広がるワイン産地です。

ローヌ川はアルプスからフランスに入り、地中海に向けて流れていますが、ローヌ地区と呼ばれるのはヴィエンヌからアヴィニヨン周辺までの南北約200kmに及ぶ地域です。

そのローヌ川の両岸にブドウ畑は広がっています。

ローヌ地域は広大な産地であるため、北部と南部に分けて考えられます。

北部はヴィエンヌからヴァランスまでの60kmほどに広がる地域であり、南部はモンテリマールあたりからアヴィニヨンまでの80kmほどに広がっています。

ローヌ地区ではワインが多く生産されており、フランスのAOCワイン産地としては2位の規模を誇ります。

スパークリングワイン白ワインも生産されていますが、赤ワインやロゼワインが主に生産の中心となっています。

ローヌ地区は強い日照量が特徴的ですが、ミストラルと呼ばれる突風が吹くため、果実味だけでなく、酸味もバランスよく得ることができます。

 

ローヌ地区・ローヌ地方のワイン

全体像

ローヌ地区は広域に広がるワイン産地あり、生産されるワインは様々な特徴を持ちます。

共通している特徴としては、ローヌ地方は日差しが強いため、しっかりとしたアルコール感と果実感が感じられるワインが多いことです。

 

ローヌ地区では様々なブドウ品種が栽培されています。

黒ブドウシラーグルナッシュノワール、ムールヴェードルが栽培されています。

主に北部ではシラーが主要品種として使用されており、南部ではグルナッシュの比率が高くなります。

白ブドウではヴィオニエやルーサンヌ、マルサンヌが主に栽培されています。

 

 

最も生産量が多いAOCはコート デュ ローヌです。コート デュ ローヌはローヌ地区の生産量の半分程を産出しています。

また、より厳しい基準をクリアしたコート デュ ローヌ ヴィラージュも多くのワインを算出しており、市場に多く流通しています。

コート デュ ローヌはその性質の違いから北部と南部にわけて語られることが多いです。

北部にはコート ロティやエルミタージュが含まれており、南部にはシャトーヌフ デュ パプやロゼの産地として知られているタヴェルが含まれています。

 

コートデュローヌコートデュローヌヴィラージュ?

同じコートデュローヌという言葉が付いているので混同してしまいがちですが、コート デュ ローヌとコート デュ ローヌ ヴィラージュは異なるアペラシオンです。

両アペラシオン共に広域に広がっており、認められているブドウ品種も似ていますが、生産されているワインは異なります。

 

コートデュローヌとは?

コート デュ ローヌは、ローヌ地方全域のワイン生産量の約半分を生産しているほどの広域なアペラシオンです。

その指定区域は6県171コミューン、北から南にまで広がっています。

北ローヌで生産されたものは主要品種としてシラーを使用していますが、南ローヌで生産されたワインはグルナッシュを40%以上使用する必要があります。

赤ワイン白ワイン、ロゼワインを生産することができますが、主に赤ワインが生産されています。

指定地域がとても広いため、生産されるワインは様々な特徴を持ちます。

 

コートデュローヌヴィラージュとは?

それに対してコート デュ ローヌ ヴィラージュは、指定区域が4県95コミューンとコート デュ ローヌよりも狭い地域が指定されています。

また、コートデュローヌヴィラージュを名乗る為には、指定区域の問題だけでなくコートデュローヌよりも厳しいその他の基準をクリアしなければならず、より品質を意識したワインを生産しなければなりません。

コートデュローヌヴィラージュの中でさらに南ローヌに位置する指定された20のコミューンは、コート デュ ローヌ ヴィラージュの後ろにコミューン名を付け加えることが許されており、そのコミューン産のワインとして販売することができます。

しかしそのコミューン名を付けるためには、通常のコート デュ ローヌ ヴィラージュよりも収量や最低アルコール度数などの厳しい基準をクリアしなければならず、一握りのワインのみがラベルにコミューン名を記載することができます。

 

そのためコート デュ ローヌ ヴィラージュの方がより限定された地域で生産されたワインであり、その生産された地域の個性がより反映されているワインということができます。

 

ローヌ地区とコートデュローヌ?

コート デュ ローヌ(COTES DU RHONE)とは、フランスのローヌ川流域のワイン産地全体を表す地域名です。

ローヌ川はスイスのアルプスからフランスに流れ込み、地中海に向かっていく長い川ですが、コート デュ ローヌ地域は一般的に、北はヴィエンヌから南のアヴィニヨン周辺までの一帯を指します。

コートは「丘」を表す言葉であり、コート デュ ローヌとは「ローヌ川の丘」を表しています。

 

同じ名前なのでわかりづらいのですが、このコート デュ ローヌ地域で造られたワイン全てがコート デュ ローヌをラベルに表記することができる訳ではありません。

コート デュ ローヌ地域内にある広域のアペラシオンのひとつが、AOCコート デュ ローヌです。

そのためAOCコート デュ ローヌとして指定された171コミューン内でワインは生産される必要があり、その他にもブドウ品種は指定されたものを使用するなど、様々な規定をクリアしなければワインにコート デュ ローヌと表記することはできないのです。

 

このAOCコート デュ ローヌの基準をクリアしていなかったり、AOCコート デュ ローヌの指定区域外で生産されたワインは、コート デュ ローヌを名乗ることができません。

そのためアルデッシュ、コリーヌ ローダニエンヌなどのIGP(地理的表示保護)をラベルに表記することが多くあります。

 

コート デュ ローヌ地域でのブドウ栽培の歴史は長く、古くからワイン造りが行われてきましたが、コート デュ ローヌというアペラシオンが認められたのは比較的最近のことです。

このAOCコート デュ ローヌは30000haを越える広大な面積が指定区域とされています。

また、より限定された地域で生産され、厳しい基準をクリアしたワインは、コート デュ ローヌ ヴィラージュを名乗ることができます。

そのためAOCコート デュ ローヌやAOCコート デュ ローヌ ヴィラージュは、コート デュ ローヌ地域内にある広域なワイン産地のことであり、コート デュ ローヌ地域を表すことではなく、指定された区域をもつ広域なアペラシオンのことなのです。

 

ローヌ北部

コート デュ ローヌの北部は、セプタントリオナル(北部)とも呼ばれているワイン産地です。

ヴィエンヌからヴァランスまでの60kmほどの地域に広がっており、そのほとんどの畑がローヌ川に沿って広がっています。

ローヌ川から離れたディーの地区でもワインは生産されていますが、ローヌ北部はローヌ川右岸の地域がブドウ栽培の中心地となっています。

 

ローヌ北部は大陸性気候であり、花崗岩質や片岩質の土壌を持ちます。

また、ローヌ川沿いの急斜面に位置している畑が多く、日照量を豊富に得ることができる反面、機械での作業ができません。

そのため畑仕事は手作業で行う必要があり、多くの人手と労力がかかります。

 

ローヌ北部の特徴

ローヌ北部のワインは、南部に比べて酸味が強いため、エレガントな印象を持つものが多い印象です。

ローヌ北部の赤ワインには主にシラーが使用されており、長期熟成することが可能です。

スパイスや黒い果実の香りがあり、エレガントながらエキス分の濃さのあるワインが多く生産されています。

白ワインは、ヴィオニエを使用したものは優雅な香りが特徴的で、しっかりとしたボディとミネラル感、果実感を兼ね備えたスタイルが多く生産されています。

ルーサンヌやマルサンヌを使用したワインは、華やかな果実の香りが特徴的であり、ふくよかな印象を持ちます。

 

ローヌ北部の黒ブドウは主にシラー(セリーヌ)が栽培されており、白ブドウはヴィオニエやルーサンヌ、マルサンヌが栽培されています。

 

 

ローヌ北部には「焼けた丘」という名前をもつコート ロティや、ヴィオニエから高貴なワインを産出するコンドリュー、そしてローヌ北部では珍しく左岸に位置している段々畑が特徴的なエルミタージュ、広域なクローズ エルミタージュなどがよく知られているAOCです。

その他にもシラー100%で生産されているコルナスは近年注目を集めていますし、スパークリング ワインも生産されているサン ペレイなどもローヌ北部に含まれています。

 

ローヌ南部

コート デュ ローヌの南部は、メリディオナル(南部)とも呼ばれているワイン産地です。

モンテリマールの南あたりからアヴィニヨンまでの南北80kmほどに広がる地域です。ローヌ北部とは異なり、ローヌ川沿いだけでなく東西に畑は広がっており、急斜面ではなく緩やかな起伏に畑は位置しています。

ローヌ南部は地中海性気候であるため、豊富な日照量と少ない雨が特徴的であり、果実はしっかりと凝縮感をもち熟すことができます。

土壌は場所により様々な構成を持ちますが、砂岩質が中心となっています。

 

ローヌ南部の特徴

ローヌ南部では主に複数品種がブレンドされており、多彩なタイプのワインが生産されています。

一般的に赤ワインは豊かな果実味が特徴的で、親しみやすいワインが多い印象です。

白ワインはグルナッシュブランを使用したものが多く、華やかな香りを持ちながら余韻の渋みが心地よく、様々なお食事に合わせやすいワインが多く生産されています。

また、ボー^ム ド ヴニーズではミュスカを使用した甘口タイプも生産されており、比較的お手頃な価格で入手ができるため人気のある甘口ワインです。

 

ローヌ南部では黒ブドウ、白ブドウ共に様々なブドウ品種が栽培されています。

白ブドウはグルナッシュブラン、ルーサンヌ、マルサンヌ、クレレット、ブールブーラン、ピクプール、ユニブランなどが栽培されています。

黒ブドウは主にグルナッシュを使用し、他の品種とブレンドされています。グルナッシュの他にはシラーやムールヴェドル、サンソーカリニャン、テレノワールなども栽培されています。

 

ローヌ南部は広域なワイン産地であるため、様々なAOCが含まれています。

ローヌ南部で最も有名なAOCのひとつが、シャトーヌフ デュ パプです。

シャトーヌフ デュ パプは法王庁のあったアヴィニヨン近くに位置しているAOCであり、「王の新しい城」という意味を持つAOCです。

13種類ものブドウ品種が認められており、長期熟成に耐えられる重厚なワインが生産されています。

赤ワインのイメージが強いですが、白ワインも生産されています。

また、シャトーヌフ デュ パプの近くには辛口ロゼ ワインの産地であるタヴェルもあります。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→