フランス地方料理

リヨンとは?特徴と材料、合わせるワイン

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

リヨン(rillon)はフランスのロワール川沿岸、トゥ―レーヌ地方の郷土料理です。

豚のバラ肉や肩肉をラードで煮込んでハーブやスパイスで味を調えます。

家庭でも作られますし、ビストロで提供されることもあります。

リヨンをペスト状にしたものがリエットです。

 

フランス中部にリヨン(lyon)という町がありますが、綴りもちがいますし、そことは全く関係ありません。

 

家庭料理ですが、豚肉の脂が濃厚で、ハーブやスパイスの香りもしっかりとありますので、ロワール川のなかでもシノンブルグイユなどのワインが定番です。

カベルネフラン種のしなやかな渋みと豚肉の脂の印象がよく合いますし、ワインのスパイスの香りもリヨンの風味とよく合います。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→