ワイン用語集

ロゼワインの製法の”セニエ”とは?

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

セニエ(saignee)はフランス語でロゼワインの以下の醸造の手法を指します。

赤ワインの醸造方法にもありますが、醸しをして色素の溶出を促しますが、その醸しの時間を短く設定して色調の淡いワインを造ります。

セニエは、まずは果汁をロゼワイン用に抜き取ります。

残りの果醪は果汁に対して果皮や種子の割合が高く、フルボディのワインを造ることもあります。

 

元々はフランス語で”血ぬき”の意味があります。