ワイン用語集

ロゼワインの製法の”セニエ”とは?

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

セニエ(saignee)はフランス語でロゼワインの以下の醸造の手法を指します。

赤ワインの醸造方法にもありますが、醸しをして色素の溶出を促しますが、その醸しの時間を短く設定して色調の淡いワインを造ります。

セニエは、まずは果汁をロゼワイン用に抜き取ります。

残りの果醪は果汁に対して果皮や種子の割合が高く、フルボディのワインを造ることもあります。

 

元々はフランス語で”血ぬき”の意味があります。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→