ワイン用語集フランスワインローヌ地方

サンジョセフ ワインとは?特徴とブドウ品種、合わせる料理

赤ワインがメインで、白は若干量生産しています

サンジョセフ(SAINT-JOSEPH)は、コート・デュ・ローヌ北部の中でも高品質ながらもあまり知られていないAOCワインです。

イエズス会修道士が、この地域の丘にセイントジョセフと名付けたことから土地の名称として使われるようになりました。

ローヌ川の右岸にあり、花崗岩質と片岩質の入り混じった土壌です。

 

川を挟んでエルミタージュと対岸の関係にありますが、エルミタージュが高級ワインであるのに対してサンジョセフの多くは高級ワインではありません(一部例外あり)。

どっしりとした渋みを味わえるコストパフォーマンスの良いフルボディタイプのワインです。

後述しますが指定面積が広く、その中に凡庸な畑と傑出するワインを生産する畑が混在して、そのため生産者をよく検討する必要のあるAOCでしょう。

 

 

構成するコミューンは多く、以下のとおりですが、面白いのがシャンパーニュという名前の村があるのですが、さすがにこれはないとは思いますが混同されないようにしてください。

Andance, Ardoix, Arras-sur-Rhône, Champagne, Charnas, Châteaubourg, Félines, Glun, Guilherand-Granges, Lemps, Limony, Mauves Ozon, Peyraud, Saint-Désirat, Saint-Étienne-de-Valoux, Saint-Jean-de-Muzols, Sarras, Sécheras, Serrières, Talencieux, Tournon-sur-Rhône, Vion, Chavanay, Malleval et Saint-Pierre-de-Bœuf5.

これらのコミューンに散らばった1000ヘクタールの栽培面積があるのですが(コルナスのおよそ10倍)、これだけありますので当然優劣があります。

 

北部は相対的に平たん地ですが穏やかな丘陵もあります。

南部には急斜面もあって、このうちの花崗岩質土壌のエリアの一部から高級ワインも生産されています。

中にはコートロティの環境とよく似たところもあるのですが、平たん地の環境を検討すると必ずしも高級ワインに向いているとはいえないところも多いです。

広域でこれだけ環境の異なる地区を包含したAOCなので、ネガティブな表現をすればまとまりがなく、AOC全体のイメージを消費者がとらえづらいのはそのとおりでしょう。

 

そうなると高品質のサンジョセフを生産するワイナリーにすれば、「ほかのところに足を引っ張られている」と考える所も出てきます。

これは無理もないところもあって、ブルゴーニュのような格付けをするか、あるいは本当に高品質な畑だけをサンジョセフに限定するかをしないと優秀な生産者は可哀そうでしょう。

まとまりのないAOCだと、ワインの質を見抜くためには生産者の知識まで必要だということになり、消費者サイドにとってもデメリットは大きくなってしまうのです。

1990年に入って一部の生産者や協同組合はAOCを圧縮・縮小するように申し立てを行ったのですが今のところ奏功していません。

 

しかし、です。

 

以前はサンジョセフといえば安ワインの産地というイメージでしたが、一部の生産者は他のローヌ地区に負けないような出色のワインを生産してきているのです。

ローヌのほかの産地で名をあげた生産者がサンジョセフの畑のポテンシャルを見抜き、これが2000年代に見事に結実をするのです。

こうなると外部からの投資も進み(スターシェフとのコラボのワイナリーもある)、近年ではローヌでもトップクラスのワインが目立つようになってきました。

これらの生産者が国際舞台で活躍をすればさすがに行政もほおっておくわけにはいかないので、AOCにも何らかの変更が加えられるかもしれません。

 

評価の高い生産者は以下のとおりです。

Alain Graillot,Alain Voge,Andre Perret,Cave Saint Desirat,Chave,Courbis,Delas Frères,Coursodon,Rouviere,Ferraton Pere et Fils,Guigal,Chapoutier,Paul Jaboulet,Pierre Gaillard,Gunon,Vidal fleury,Yannick Alléno et Michel Chapoutier

こちらにあげた生産者以外にも安価で出色のワインを産する協同組合も多いので、ワインショップで見かけたときは注目してみるのもいいでしょう。

 

サンジョセフ ワイン

ワインの全体像

コート・デュ・ローヌ北部にあるAOCの中でも、南北に長く規模が大きい産地がサンジョセフです。

1000ha以上にも及ぶ広大なブドウ畑は、クローズエルミタージュに続く2番目に広大な畑となります。

AOCとしては赤ワイン白ワインが認められていますが、ほとんどは赤ワインで白は若干量しかありません。

 

赤の品種はシラー種が最低90%、ルーサンヌとマルサンヌの白が最大で合計10%ですが、最近はシラー種単体で造られることが多くなっています。

白ワインも少量ですが生産されており、ルーサンヌやマルサンヌなどローヌ系の品種で造られます。

 

サンジョセフがAOCになったのは第二次大戦後ですが(1956年)ワイン造りの歴史は古く、ルイ12世(1498年~1515年)やアンリ二世(1519年~1959年)の時代ではちょっとした存在であったことがわかっています。
 
また、ヴィクトールユーゴーがレミゼラブル(1862年)の中で高貴なワインとしてサンジョセフを登場させたことがあるくらいなので、食通の間では知られた存在だったのでしょう。

 

 

ワインの味わい

赤ワインは、シラー種ならではのほろ苦い風味が特徴的です。

シラー特有のコショウのようなスパイシーさと、深みのあるルビー色と力強さを感じるワインです。

チョコレートや焦げた食べ物のようなアロマの中に、甘くて香ばしさも感じられる不思議なアロマです。

多くは高級ワインではありませんので精緻さとかよりは飲みごたえのあるどっしりした味わいを楽しみたい、というときにいいですね。

 

 

白ワインはフレッシュであっさりとしており、グリーンがかった色が特徴的です。

早飲みタイプのワインで、爽やかに軽く楽しむことができます。

赤ワイン・白ワイン共に、広大な土地で生産されているため、生産者によって味にバラツキがあります。

選ぶ際にはできれば事前にしっかりと検討して生産者を選ぶといいでしょう。

 

楽しみ方のコツ

非常に高品質な赤ワインながらも知られていないからか、コストパフォーマンスがよく、いわゆる通好みのローヌワインでしょう。

品質本位でローヌ北部のワインを手頃に楽しみたい人におすすめです。

 

赤ワインの場合は、肉料理の中でもビーフシチューや鶏レバーとの相性が抜群です。

赤身のお肉であれば、例えば牛ハラミ肉のようにある程度噛み応えのある部位がおすすめです。

噛み応えのある肉の塊を口にすると、口いっぱいに風味が広がりますが、これがまたよくサンジョセフと合うのです。

渋味が強いので18度くらいに設定し、中ぶりのチューリップ型のグラスであれば問題なく楽しめます。

 

白ワインは、フレッシュでクセの少ない味なので、基本的にはどんな料理とも合わせやすくなっています。

白ワインとしては酸味がまろやかなので、あまり冷やしすぎると酸味がぼやけてしまいますので、10度くらいにして小ぶりのグラスにこまめに注ぎましょう。

野菜料理や和食、オイル系パスタなど幅広く料理と合わせられます。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→